獣医師による被災地動物調査を嘆願して下さい‼

近く被災地動物調査に獣医師のチームが入る予定でした。
動物救済に向けて、一歩前進と喜んでいたんですが、一転して環境省が立ち入り禁止を通達したようです。
理由は安全のためだそうですが、他の調査も報道陣も入っていたのに何を今更!
あのチェルノブイリ原発事故でさえ、動物救済にあたったのに。
日本政府の対応は、あまりにもひどい。
出先ですので、帰宅後あらためて記事を作成しますが、取り急ぎiPhoneより。

内容は、被災地動物情報のブログさんより、確認いただき、
拡散、嘆願をお願いします!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

H23.4.27 23:00追記

さきほど毎日新聞記事により、警戒区域内の被災地動物救済が発表されました。
よって嘆願を取り下げいたします。

Comments 2

もっぷのまま

いつもお世話様です
今回の記事も転載しました。
いつも転載ばかりてすいません<(_ _)>
一人でも多くの方に知って頂きたいと思います
今は数は力?過去にどこかの政党が言うてた気もしますが、今は数の力なくして、行政は動かせないと思います
一人一人の力は小さくても大きな声になれば動くと思ってます
頑張って一つでも多くの命が救われますように祈ってます

2011-04-27 (Wed) 22:41 | EDIT | REPLY |   
nene">

nene

>もままさんへ♪

いつもご協力ありがとうございます。
たくさんの方々のご協力があって、ついに明日よりの警戒区域内の被災地動物救済が決定しました!!
もう海外の救済を待つしかないと思っていたので、日本政府の英断に驚いています。

本当に動物たちを思う、ひとりひとりの方の行動があって救済に結びついたと思います。
原子力保安院にはメールが3000通も届いたとか。
いつ自分のペットもそうなるのか分からない。決して他人事ではないと思います。
皆様の優しい気持ちが、あの腰の重た~い行政を動かしたんですね(*^_^*)

さきほど、もままさんのブログにもコメを残しましたが、状況が良い方に変わりましたので記事の転載は取り下げ下さいませ。

被災地から引きあげた後も家をなくした動物たちのことが心配ですので、引き続き状況を見守っていくつもりです。
また何かあれば宜しくお願いします。

2011-04-27 (Wed) 22:59 | EDIT | neneさん">REPLY |   

Leave a reply