計画避難区域・犬猫一時預かりプロジェクト~東北地震犬猫レスキュー.com

転載元:東北地震犬猫レスキュー.com
    http://tohoku-dogcat-rescue.com/

転載記事:http://tohoku-dogcat-rescue.com/hinan.htm


東北地震犬猫レスキュー.com


↓以下転載↓
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(※一部抜粋)

4/11に政府から「計画的避難区域」についての発表がありました。1ヶ月をめどに住民の避難を進めるというものです。
「また犬猫が置き去りにされる!」そう思った人は少なくないはずです。
1ヶ月の時間の猶予は「その間に飼い主の皆さんから救援依頼を受け対応できる」はずでした。
しかし、20㎞圏内の救出活動が熾烈を極め、時間があるにもかかわらず
計画避難区域での保護や一時預かりの告知や手配が進んでいない状況です。

そこで、当サイトでは「計画避難区域・犬猫一時預かりプロジェクト」を発動いたします。
このプロジェクトの目的は以下の2点です。

  ●計画避難地域の被災犬猫に対応する一時預かりボランティアの確保
  ●一時預かり制度の被災地への告知・宣伝


そして、プロジェクト発動には以下の2点の条件があります。

  ●計画避難地域のための被災犬猫受入数 計100確保
  ●ポスター・チラシ等、宣伝活動における義援金募集

上記2つが達成されたときGOサインがでます。

まず、各保護団体に呼びかけ、受け入れ可能数を確認していきます。
受け入れ可能数が100に満たない場合はプロジェクトは中止します。
なぜなら、各自治体や避難所・動物病院にポスター・チラシを配布し、住民に告知をお願いするには
ある程度まとまった数の受け入れが出来ることが必須だからです。
次に、100確保できたら義援金の募集を開始します。
ポスター・チラシの印刷コストが義援金でまかなうことができれば作戦決行です。
受け入れ可能な団体の名前・連絡先を記載したポスター・チラシを思いつく限りの場所に
配布・そして掲示のお願いをしていきます。
義援金が必要金額以上集まった場合は、テレビ・ラジオにCMを流します。
福島全域に犬猫の一時預かりという救援制度を告知することができます。

時間がありませんのでプロジェクトの構築と同時に募集を行なっていきます。
まずは団体様のご協力をお願い致します。こちらからもご連絡差し上げますが
専用ルームにて申し出ていただけると大変ありがたいです。

■専用ルーム
 http://bbs6.sekkaku.net/bbs/?id=sonota2&mode=res&log=17

また、個人で一時預かりの協力をしたいという方は、当サイトへではなく
名前の挙がった団体様へ協力のお申し出をお願い致します。


なお、今回の件に関するメールでのお問い合わせは殺到が予想され、
お返事が出来ない場合があります。ご了承ください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
↑転載以上↑


まだ検討段階ですが、たくさんのボランティア団体・個人にご登録いただき、実現すれば素晴らしいと思います。



にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ひとりでも多くの方に記事を見ていただくため、
1ポチ☆ご協力をお願いします。

被災地情報収集のため、コメントへのお返事はできたりできなかったりですが
有難く読ませて頂いております♪
よろしければ残して下さいね^^

Comments 0

Leave a reply