被災地より遠い、大阪では・・。

被災地の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。


被災地から遠い大阪にも、少しずつ地震の影響が出てきています。
我が家の日常もふまえて、綴っていこうと思います。




◆地震後の猫

おそらくはニーナもルナも生まれて初めて感じる地震。
私は市内の職場にいたから、その様子を見ることはできひんかったけど・・
帰宅したら、いつにも増して傍から離れない。
たぶん怖かったんやろうなぁ・・。
しかもその後ダンナさんが出張にいってしまい、私の不安を敏感に感じとったのか、数日間ニーナが大鳴きして大変やった(-_-;)
ダンナさんが帰宅したら、やっとおさまりました。


blog188.jpg


blog189.jpg


blog190.jpg


めずらしくぴったり寄り添う猫ズ。
ニーナはすこし不安定やったけど、ルナはいつもと変わらなかったな。
(iphoneなので画像が荒い・・)



◆スーパーで品薄

買い物にいくと、単一乾電池もホッカイロも完売。
いつも行くドラッグストアはトイレットペーパー売れてるの?と心配になるくらい棚に商品があるんやけど、それも日に日に減ってきた。
買い占めがあるのか、商品が入荷しないのか・・
たぶん両方やと思うけど。
今回の地震では南海地震が誘発されるわけでもないし、西日本で慌てて買い占めなくてもいいのに・・。
東京ではもっと買い占めがひどいそうで、被災地に数がいきわたらないと問題になっていると聞きます。
たくさんの方が、被災地のために!!
と義援金やボランティアを希望されていますが、日常的に買い控えることも被災地への支援につながると思います。
買い占められた分は、被災地へ送っていると信じたい。

minnadewakaerebadekirukotos.jpg

※印刷用はコチラ



◆報道

地震発生直後からテレビ番組はすべて地震・原発報道になりました。
繰り返し報道される現地の惨状。
現地の悲惨さ、混乱ぶりはテレビが一番臨場感もって伝えられてたけど、必要な情報は全くといっていいほど私には伝わらなかった。(ずっとテレビにかじりついているわけにもいかないし)
ネットも早かったけど誤報デマが多く、一番わかりやすかったのは新聞。
見たい情報、またテレビやネットで見逃した情報を確認できて良かった。

現在、大阪のテレビ番組は平常時にもどっています。
それは民放だしある程度は仕方ないと思いつつも、朝のニュース番組で服のトレンドを放映しているのを見ると違和感を感じる。
今は服のトレンドや、観光地情報よりも伝えるべきことがあるように思います。
なので専らNHKを見ています。



◆疎開

横浜に住む友達が、地震後大阪へ里帰りしています。
彼女は妊娠中でいまだ余震がおさまらず、停電が多い場所に住むのは不安も多いので。

外資系の友達も大阪へもどってきています。
ニュースでも見たけど外資系企業は東京から大阪へ続々と避難させており、大阪のホテルは満杯なんだとか・・。

ちなみにうちのダンナさんも車で北陸に出張でしたが、ガソリン供給不安なため早々に帰宅しました。
こんなときに、被災地周辺の貴重な燃料を使っている場合じゃないもんね。



◆見えないところで頑張っている人々

原発の事故で、東電に非難が集中しました。
でも被曝の不安にさらされながら、命がけで作業にあたっているのも東電なんですよね。
ハイパーレスキュー隊の方々も、日本のために、何より自身のご家族のためにと危険な現場で頑張ってくれている。
その姿を見ると、毎日涙がでます。
見えないところでも現地で復興のためにケーブルをつないだり、道路を修繕したりと、たくさんの方々が作業にあたっておられます。

被災地の方が、「自身が安全なところにいて、(原発の作業にあたっている人に)言えることは何もない」とおっしゃっていました。

私たちに何か言えるとしたら、「頑張って!」それだけでしょうか。

なんとかこれ以上の被害は出ませんように!!
そして一日も早い被災地の復興を心から祈っております。
そのために、私自身もできることをやっていきたいと思います。





にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ランキングへのご協力をお願いします。

Comments 0

Leave a reply