猫の殺処分減少へ、京都市の方針

『ねこねこりん』斑猫さんのブログ
『ホームレスキャット』もままさんのブログ
より転載記事です。

*::::**::::**::::**::::**::::**::::**::::**::::**::::**::::*


◆京都新聞 2009年10月3日掲載記事◆

野良猫の去勢・避妊を無償で実施
京都市方針

京都市は1日、来年度から野良猫の去勢・避妊手術を無償で行う方針を決
めた。

市内の猫の殺処分数は犬の10倍以上に上っており、去勢・避妊手術を行う
ことで野良猫の繁殖を防ぐ。政令指定都市では初の取り組み。

市内では野良猫の数が野良犬に比べて圧倒的に多いという。猫の殺処分数
は年々減少しているものの、昨年度は1867匹と、依然として犬の15
9匹を大きく上回っている。

野良猫はふん害や騒音など市民生活に悪影響を及ぼすことから、市は3月
に策定した「市動物愛護行動計画」で、2018年度の犬猫の殺処分数を
07年度の6割に減らす目標を掲げ、具体策として無償で去勢・避妊手術
を行うことにした。

野良猫の被害に遭っている自治会などに、保健所の職員が被害状況や飼い
猫でないことなどを確認する。

自治会などがその地域の野良猫を飼育する意思がある場合に限り、市が野
良猫を回収し、市獣医師会の協力を得て、家庭動物相談所(南区)で無償
手術する。

このほか市は、飼い猫を捨てないよう市民に呼び掛けるポスター(B4サ
イズ)を京都府警と作製。年内に市内各所に掲示する。

市生活衛生課は「猫の殺処分数を少しでも減らしたい」としている。






◆西日本新聞 2009年10月2日掲載記事◆

野良猫トラブルなくせ 不妊・去勢手術スタート 福岡市

福岡市は1日から、住民有志がルールに基づいて世話をする「地域猫」に
限り、市動物管理センターが不妊・去勢手術をする取り組みを始めた。

猫トラブルを防ぐとともに、殺処分を減らすのが狙い。自治体や市民団体
が費用を助成する例はあるが、市が自ら手術を行うのは九州初。全国でも
珍しいという。

市内2カ所(東部、西部)の動物管理センターに相談すれば、市が猫の成
育状況を確認。

周辺住民の理解を得た上で、住民有志が(1)餌やり場の限定(2)食べ
残しの清掃(3)ふんの処理‐などのルールを定めることを条件に、市の
動物管理センターが不妊・去勢手術を行う。

市では、野良猫に関する苦情や相談が毎年千件を超え、殺処分は昨年度2
650匹に上った。
市は猫をめぐる住民トラブルを減らすため、飼い主のいない猫をルールを
定めて地域で飼う「地域猫」活動の考え方をまとめたガイドラインを策定

今年4月には行政の対応を盛り込んだ実施計画をまとめていた。

市生活衛生課は「猫1匹当たり1万?4万円の費用がかかる不妊・去勢手
術を市が行うことで、野良猫とトラブルを減らしたい」と話している。


うちでは、こんな事がありました。

(ねこねこりんさん記事)

*::::**::::**::::**::::**::::**::::**::::**::::**::::**::::*

京都市でこういった取り組みをされてることを、私は知りませんでした。
斑猫さん、もままさん共にたくさんの方に知っていただきたいということで、転載大歓迎だそうです♪




お友達に生き残ってほしいニャ!
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッ☆とお願いします

Comments 5

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011-01-12 (Wed) 23:33 | EDIT | REPLY |   

もまま

こんにちわ
記事の転載有難う御座いました
うちの自治体もこの取り組みをしてくれたら、どれだけいいかなって思いで記事を上げました。
こんな取り組みがあれば猫の数も減るのにな
しっかりして欲しいわ兵庫県です(;´д`)トホホ…
ジュルちゃんの署名期限が迫ってますね
勝手にツイッターでつぶやきました、少しでも多くの署名が集まる事を祈ってます

2011-01-13 (Thu) 12:41 | EDIT | REPLY |   

まぐろ

先日も大阪市のニュースが出てましたね。
市民ボランティアも募っていくそうで。
まだまだ市町村自治体レベルなんですよね~。
千葉県は保護・譲渡が活発ですが、県主導で動いているわけではないし。。。

それでも自治体が動き始めたことは大きな前進です。
まだまだ大量殺処分の国だけれど確実に前に進んではいると思います。
今日も帰り道、どうしたら殺処分の現状を、犬猫の里親を
一般に知ってもらえるかな~って考えながら自転車こいでました(笑)

アメリカに住むブロ友さんが言うには、
アメリカでは頻繁にシェルター紹介などのCMが流れるんですって。
だから誰もが飼うときにシェルターに当たり前に行くんだそうです。

今の日本では、生体販売業者からの遺棄が増えてしまうから
今すぐ同じようにCMを流すことはできないでしょうけれど・・・。
遺棄動物の譲渡を進めるには、先ずは生体販売業を縮小させる必要がありますが
現状を見ていると、行政がその方針に転換できるかは不安ですね。。。(・_・;

2011-01-15 (Sat) 00:04 | EDIT | REPLY |   
nene">

nene

>もままさんへ♪

ジュルちゃんのこと、ありがとうございます!
署名のこと、身近な方にお願いしたところ、私の手を離れても個々で集めて下さってるようで予想以上の反響にとても嬉しく思っています。

まだまだやっている自治体は少ないんでしょうけど、徐々に広がってくれるかもしれませんよね(*^_^*)
いや広がっていくように、声をあげていかないといけないんでしょう。
少しでもたくさんの命が助かるように、心から願っております。

2011-01-15 (Sat) 15:01 | EDIT | neneさん">REPLY |   
nene">

nene

>まぐろさんへ♪

ペットはペットショップで買うもの、
それが日本では普通ですもんね。
私もずっとそう思ってましたし、ウサギのねねもビエリもペットショップで買った子です。
その常識を変えていくことから始めないといけないんだなぁと。
ペットショップで生計を立てている方も多いので、簡単な問題ではないですよね。

商売だと、この飼い主ではダメだなって思っても売らざるを得ない現状があります。里親募集のように、どういう家庭か慎重な審査の上に引き渡すシステムがあればいいのになと思うのですが・・。

アメリカではそんな大々的にCMがあるんですね。とても素晴らしいと思います。
今の日本では無理でも、そういう国になるようにしていきたいですね(*^_^*)

2011-01-15 (Sat) 15:12 | EDIT | neneさん">REPLY |   

Leave a reply