ジュルちゃんの署名(2011年動物愛護管理法改正の要望書)

※まぐろさんのすこやま しまこより転載記事です。


*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*

1.ジュルちゃんの署名(2011年動物愛護管理法改正の要望書)
2.2011年動物愛護管理法改正の検討委員会
3.ふりぺ署名のお願い

■1.ジュルちゃんの署名(2011年動物愛護管理法改正の要望書)

2009年10月から2010年10月までの1年間に亘って、『ジュルのしっぽ』の山崎花奈さんが2011年動物愛護管理法改正の要望書の署名活動を行いました。私ももちろん署名しました。要望書の改正点は1から8まで書かれています。その一部を抜粋します。

[ 改正点1 ]

■虐待の定義を下記の例のように明確に表記すること。
一 愛護動物にみだりに給餌又は給水をせずに衰弱させること。
二 愛護動物の傷病を治療せず、みだりに放置すること。
三 愛護動物の身体に支障をきたす又はその恐れのある環境(不衛生、猛暑等)で飼養すること。
四 愛護動物の大きさ・生態等に対し、保護や危険回避等正当な理由なく、日常的な動作を妨げるような狭い空間で飼養すること。
五 愛護動物の母体に過度な負担をかけ、年に複数回に渡って繁殖させること。
六 愛護動物を保護する責任のある者が遺棄し、又はその生存に必要な保護をしないこと。
七 愛護動物に不必要な暴力をふるい、又は不必要な行為により恐怖を与えること。
八 愛護動物に医師免許を持たない者が医療行為を行うこと。
九 愛護動物を正当な理由なく、保健所に持ち込み処分すること。
十 その他愛護動物の身心に支障をきたす又は恐れのある不当な行為若しくは不作為で不要な苦しみを与えること。
改正点の解説

至極当たり前のことが要望として出されています。一は「みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待」として既に現在の『動物の愛護及び管理に関する法律』の罰則に定められています。逆に言えば、上記の一以外の行為を行ったとしても、虐待の定義が曖昧であるため、また行政には強制捜査の権限がないため事前に証拠を確保できず、虐待として動物取扱業者を取り締まることはできないのです。

ケージに閉じ込めたまま最低限の水と餌だけ与え、散歩やブラッシングなどの世話もなく排泄物も垂れ流しのまま、発情期のたびに妊娠させられ産んだら数日で子供を取り上げ、発情したらまた妊娠、の繰り返し。そうして子供が産めなくなるか、または病気になったら衰弱死または保健所へ遺棄されます。(行政は業者からの引き取りは原則行いませんが、個人名で持ち込めば行政は拒否できません)

そうして作られた仔犬仔猫が生後1ヶ月でペットショップに卸され、衝動買いを誘発する生体展示という形で販売されます。売れる状態の生体は展示され、病気の生体は展示から外され処分されます。早く売り切るために深夜営業や移動販売をする店舗、またインターネットで売買契約し輸送する店舗もあります。それでも売れ残った生体は動物取扱業者同士のオークションで競りにかけられ、買われた先で繁殖用として酷使され使用済みになったら捨てられます。

上記は最悪のケースを繋げたものですが、現状それが可能なのです。そしてそのような業者が実際に存在します。規制がないのですから利益を優先すれば自然とそうなるでしょう。極々一部の珍しいケースではありません。保護活動をしている方、特にセンターから直接引き出している方、ブリーダー崩壊現場や飼育環境の酷いブリーダーからレスキューしている方のところで繁殖で使い捨てられたであろう酷い状態の子を見るたび「あぁまた・・・」と、とても悲しくなります。

■2.2011年動物愛護管理法改正の検討委員会

そして上記の花奈さんの署名や他団体からの署名が環境省に提出されました。
5年前、前回の法改正(恥ずかしながら私はこのとき何も知らず何もしていませんでした)では、検討課題に挙げられた項目も少なく、生後8週未満の犬猫の販売規制は検討課題に挙がったにもかかわらず、ペット業界の猛反対で改正されなかったそうです。(商品(仔犬仔猫)の出荷が1ヶ月遅れれば在庫の維持管理にコストがかかり、しかも生後1ヶ月頃など体調管理に気をつけていても急変して死んでしまうこともあります。)業界が反対するのは自然だとしても環境省がその反対に屈したのはとても残念なことです。


委員会の議事録は以下の環境省のサイトから読むことができます。

『中央環境審議会動物愛護部会』
『動物愛護管理のあり方検討小委員会』

なお、ジュルのしっぽでも、花奈さんが議事録からポイントとなる部分を抜粋し転載しています。

動物愛護管理のあり方検討小委員会(第1回)平成22年8月10日
中央環境審議会動物愛護部会(第25回)平成22年6月16日
動物愛護管理のあり方検討小委員会(第2回)平成22年9月15日
動物愛護管理のあり方検討小委員会(第3回)平成22年9月16日(1)ペットショップ

動物愛護管理のあり方検討小委員会(第3回)平成22年9月16日(2)オークション

■3.ふりぺ署名のお願い

みいさんの『だいふくにっき』にも取り上げられていましたが、FreePets『ふりぺ』でも現在「動物の愛護及び管理に関する法律」の見直しに対する署名を集めています。リンク先の趣旨に賛同頂ける方はぜひ署名にご協力お願いいたします。
上記サイトから署名用紙を印刷して郵送します。
締め切り:2010年12月31日(当日消印有効)
       2011年1月31日

※締切りが延長されました。

またふりぺブログにて『ペットショップにいくまえに』という絵本形式のフリーペーパーをPDFで配布しています。自由にコピーして配って欲しいとのこと。可愛らしい絵で簡潔によくまとまった内容です。一度ご覧下さい。

*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*:::::*

長文をお読みいただきありがとうございました。

漠然と知ってはいましたが、ペットには生きていくための最低条件さえ保護されていないことに愕然としました。
世の中の流れはこういった方々が活動していただくことで動物愛護の方向へ進んではいますが、まだまだ虐待は減っていません。
まずはたくさんの方々に現状を知っていただくことが大切だと思い、お願いしてまぐろさんの記事を転載させていただきました。

大きなことをするのは難しいですが、小さなことから始めることは出来ると思うんです。
ひとりの署名では出来なくても、大勢の署名が集まればきっと世の中は変えられると思います。
ぜひ、ご協力をお願いします!




にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチポチッ☆とお願いします

Comments 0

Leave a reply