スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膀胱炎完治 / ワクチン接種は1年?それとも3年??


5月月初に膀胱炎になってしまったクロ。
5/3に治療を開始し、獣医師に5/6頃に症状がよくなると思うよ~と言われていた。
5/6夕方頃、すっかり元気になり走り回るクロちゃん。
カレンダーを見るとドンピシャの5月6日。
(わぁ、先生が言っていた通りやわ・・・おそるべし)
その後、クロはめきめき元気になり、またもノアをいじめるようになりました(=_=) く~ろ~り~

2週間後に経過を見せにクロを病院へ。
ついでに暴れん坊で診療拒否されていたノアも連れて行った。
前回通院時に近所の病院でノアをみてもらえないと相談したら、とりあえず連れておいで~と言ってもらえたので

ほんの子猫の時から死にかけて通院しまくっていたクロは、病院慣れしているというか、諦めている。
キャリーに入れたら、おとなしく座っている。
対してノアはキャリーに入れるまでは(あ、抱っこ?)と思ってるので大人しいものの、いざ入れてしまうと大暴れ。前足を伸ばして攻撃してくる
こんなんで診察してもらえるんやろうか~。

                         * * *

クロは採尿できなかったので、先生に圧迫採尿してもらおうと思ったんやけど
「前回も尿がとれなかったし、比較できないから今日はやめておこう」
とのこと。
圧迫採尿はまれに尿が逆流して腎臓を傷めることがあるようで、先生はなるべくしたくないそうです。
おかげ様でクロはすっかり元気になったので、とりたてて治療も診察もなかった・・・・先生、私、早退して連れてきたんですぜい。お客さんの電話をほったらかして(人に託して)来たんだぜい・・・。せっかくなので、ワクチンを打ってもらう。

blog 1805202


とりあえずストレス軽減と、尿疾患トラブルを避けるために、しばらく療養食をお願いすることにしました。
療養食はトテモタカイ・・・・。
「どうする?よそで買う?」
商売っ気がなさすぎる先生。
たくさん試供品をもらったので、とりあえず今回は購入。次回からはネットで買います(;^ω^)




「さぁ、ノアちゃんを見ようか」
頭を覆うようのバスタオルを看護師がかまえ、緊張の走る一瞬・・・。
と思いきや、
先生は何の警戒もせず、わりと豪快にキャリーの上蓋からノアをすくいあげたのでビックリ☆
ノアもされるがまま・・・。
あれ・・・大人しいわ。
「攻撃性はないと聞いていたので」
いやいやいや・・飼い主の前ではそうだけどさ!! この先生すごいなぁ・・・猫バカだな~としみじみ。


                         * * * 


ノアはエイズキャリアなので、免疫が低く病気になったときが怖い。猫風邪にならないようワクチンを打つのが良いと聞いていたので、必ず年に一度打つようにしているんですが(※最初の接種は2回必要)
先生は私の知識と見解が異なるようでした。

①ワクチン接種は3年に一度
 ワクチンの種類にもよりますが、今回打った生ワクチン3種混合は海外基準では3年に一度で十分とのこと。
 海外基準は知ってたけど、かかりつけ医に聞いたら日本で扱っているものは1年有効としか検証していないと聞いたので。間をとって私は1年半~2年の接種サイクルにしてた。
 毎年ワクチンを打っているコと、3年に一度のコを比較した結果、前者のほうが腎臓トラブルが多いデータが出たとのこと。
 そんなデータがあったのか・・・。
 ワクチン接種部位に「肉芽」が多いのは知っていて、それも気にはなるけど・・腎臓は知らなかった。
 今後は新たな保護もないだろうし、3年に一度にしようかな。

②ワクチンの有効性について
 すでに猫風邪になった猫には、あまりする意味がない。
 せいぜい重症化を防ぐ程度。
 でもノアはおそらく猫風邪にかかったことがないので、する意味はあるようですが。

③エイズキャリアについて
 人間のエイズとは全く違うけど、猫のエイズも免疫が低い。
 口腔トラブルが多く、ノアも2歳のわりに赤みが多いのは、やはりキャリアだからだそうな。
 いずれ症状が進めば、ケアも必要になる。

 あと腎臓もやられやすいので、こまめに様子を見てほしいとのこと。
 理想的なのは年に二度の採尿→検査。
 それが難しければ、月に二度程度、体重を図ること。
 猫の体重が減少するときは、必ず理由があるので見落とさないためとか。
 これはエイズキャリアにかかわらず、他の猫たちにもしていこうと思う。

                         * * *

ノアを触診してもらったら、リンパも腫れておらず、キャリアだけど発症はしていないとのことでした^^
体重は3.9㎏。

blog 1805201


エイズキャリアは名前が怖いのですが、今は獣医師でもボランティアでもさほど怖がられていない病気です。
感染力も低いし、発症せず寿命を全うする猫も多い。
うちはクロが攻撃するので半隔離ですが、(流血の激しいケンカや、交尾は感染する)私がいる時は食餌の皿を完全に分けたり、お水をこまめに変えることを気を付けています。
獣医師に相談しても、飼い主を怖がらせないためか「大丈夫だよ~」と簡単な説明で終わることが多いので、今回のように説明してもらえるとありがたい。

ワクチンなど、知識や治療方針は獣医師によって、かなり異なります。
素人としては、どれを信じていいのか迷うこともあるけど、その中から自分が納得できるものを探すしかないのかな。







★別館ブログも更新中
  らぶねこ展 2018
  神楽で見る戊辰戦争~大阪城公園にて備中神楽を鑑賞  


   
   
↑ノア 2歳 里親様募集中♪ 詳細はクリック↑



  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。






先日、仕事で腰を痛めてしまい、先生に「パソコン禁止」「読書禁止」とにかく根を詰めて作業するなと注意され、あげく「猫のブラッシング禁止」と言われた。
背中を丸めて、前かがみの作業がよくないそうな。

腰痛は初めてやってんけど、こんなに痛いとは思わなかったー。
一番ひどい時は、座っても、立っても、何をしても痛い!もうどうすればいいのか。いっそ宙に浮いてしまいたい・・!!

何より辛いのは仰向けで眠れないこと。
仰向け寝メインの私が、仰向けで寝れないなんてー
寝返りを打つたびに痛みで目が覚める。
痛みも辛いが、細切れ睡眠が一番こたえる・・・・

ネットで調べて知ったのが、腰にはヤンキー座りがいいとのこと。
これが、ホンマに効くんだわ!(長くはもたないけど)
痛みがきつい間は、深夜に起きてはヤンキー座り。夜な夜なヤンキー座り。私の人生の中で、こんなにヤンキー座りをしたことがあっただろうか(いや、ない)
これはもう・・盗んだバイクで走るしかないのではなかろーか。

最初の頃は痛みを感じる度に「オゥッ」「オゥッ」とオットセイのように鳴き、
ピークは動けず、うごうご・・・うごうご・・・と少しずつ動いてイモムシのようになり、
最近ようやく普通に二足歩行できるようになりました。

まわりに愚痴をいうと、「まだ甘い」と笑われ、究極痛いのは「呼吸しても痛い」だそうです。
いいわ・・・私は腰痛のひよっこでいい・・。

まだまだしばらくは整骨院通い。



Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。