スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伏見グルメと日本酒♪ ~大人日帰り旅


伏見稲荷大社には1時間半くらいかな~と漠然と考えてましたが、見どころ盛りだくさんで予想外に時間がかかり、下山するころにはすっかり夕方(^_^;)
本当は醸造近くの寺田屋観光も予定してたけど、時間がないので諦めました。
その代わり、伏見グルメを満喫

狐といえば・・・もちろん、稲荷寿司ですよね

blog4805.jpg

京阪 伏見稲荷駅には、こんなお店が入ってます。

blog4804.jpg


小腹がすいたので、購入♪
これが思っていたよりずっと美味しくてビックリ!
お米一粒一粒がしっかりしていて、甘すぎずに丁度良い加減。これは当たりやわ~
お土産に持って帰りたいけど、次の予定があるのでしぶしぶ諦める(´;ω;`)

そしてこのお店すぐ傍に、素敵な雰囲気のカフェが♪

blog4806.jpg

懐石カフェ「蛙吉」

歩き疲れたのでちょっと休ませてもらおうと入ったら、店名のとおり、店内は蛙グッズであふれていました☆
メニューも蛙モチーフが可愛らしく、テンションがまた上がる!!

blog4807.jpg

グラスの底には、さり気なく蛙(笑)
右上は伏見らしく、日本酒のケーキ。小ぶりで生地はしっかりめ。口にいれると吟醸酒特有のふくよかな香りが広がります☆うまし
そして一番インパクトのある蛙のレモンケーキ(笑)
お皿も蓮の葉のようで、凝ってるなぁ。
懐石ランチもとても美味しそうなので、次はこちらでランチをいただいてみたい

Sさんは、どうしても吟醸酒ケーキも蛙ケーキも頼みたいということで、吟醸酒×2 蛙ケーキ×1で注文したら、再度オーダーの確認が入りました。大丈夫です!ケーキ3つであってます!!(笑)


blog4809.jpg

予定を大幅にオーバーするほど伏見稲荷を堪能♪
次は伏見桃山駅の、日本酒を楽しむ旅へ♪

一口に伏見といいますが、案外エリアは広くて。名所が一ヶ所にあるのかと思いきや、あちこちに散らばっているので電車移動になります。一気に回りたいな~と思うなら、観光バスツアーとかタクシーをお願いする方が良いのかも。





そして、夜の部メインは、伏水酒蔵小路
伏見桃山駅前の商店街を抜けてすぐのところにあります。
多くの飲食店が出店していて、日本酒を中心に食事を楽しめるお店。
なんとな~く、フードコートみたいなシステムと思っていたんですが、ぜんぜん違ってた(^_^;)

メインのお店のカウンターについて食事、他店の食事やお酒も一部注文(出前)できるというシステムです。
日本酒をたっぷり楽しみたい方は、飲み放題3,500円で食事は出前注文という部屋もあります。
これが最初は分からず困った

お目当てのお店はすでに満席で、私たちはイタリアのバルを選ぶことにしました。
に・・日本酒らしくない(-_-;)

でも日本酒に因んだメニューもあり、またお料理もとても美味しかったのでこれはこれで良かったかな♪

blog4810.jpg

いろんなお酒を、ちょっとずつ楽しみたいので5種盛り。
利き酒をすると、それぞれのお酒の特徴がよく分かります。
Sさんは辛口、私は甘口が好きで、はっきり好みが分かれて面白かった。

牛ほほ肉のシチューがすごーく美味しくて、また食べたい・・・。


食べて飲んで・・・
お店を変えて、今度はひたすら日本酒を味わう。

blog4808.jpg

蔵元が伏見のお酒を、17種利き酒。
これよ!これがしたくて、はるばる(いや、そんな遠くないが)伏見まで来たのよう~!!!

お酒は左上からライトな食前酒、後半にいくほど辛口という感じで、17種類どれも1つとして同じではないのがスゴイ。
ひとりで飲みきれないな~と思って友達を誘ったんですが、
私、これひとりで飲めたわ・・・(=_=)
母方の酒豪の血か?

でも友達とワイワイ味を比べながら飲むのは、すごーく楽しかった♪
普段はひとり旅が多いので、こうして友達と遊ぶのも楽しい♪

いろいろ飲んで一番気に入ったのが、齋藤酒造さんの「古都千年」
利き酒は(たしか)清酒だったので、奮発して大吟醸を♪
より一層、フルーティでふくよかな香り。
あ~沁みるぅ~

たくさん遊んで、お話して、とても楽しい二人旅となりました^^
一緒に誘った子がもう1人いたんだけど、事情があって来れなかったのが残念。次は一緒に行けると良いなぁ。
京都大人旅。最高でした





Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。