スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くぼみにジャストフィット☆ / 映画「美女と野獣」「モアナ」




爪とぎベッドのくぼみに入ってご満悦の猫たち^^

ニーナ
blog4740.jpg


チビ太
blog4741.jpg

blog4742.jpg


クロ
blog4743.jpg

う~ん・・・ちょっと違うなぁ。

blog4744.jpg

そうそう^^






********* * * ********* * * ********* * * ********* * * *********

  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。







今年も映画が豊作で嬉しい
ディズニー2作を観てきました^^


■美女と野獣
 ★★★★★



ディズニーアニメ名作を実写化。
アニメーションならではの野獣や、燭台や皿が踊る群舞を表現できるのか疑問視していましたが・・・
驚くことにアニメ以上の出来栄えでした

冒頭は華やかな宮廷文化の踊りから。絢爛豪華で映画「マリーアントワネット」を彷彿させるシーン。
そこから主人公ベルの登場。
ディズニーアニメ版を何度か見ていますが、ほぼ同じ演出。多くの村人が唄い、物語の世界を唄いながら説明するんやけど、これを実写化するってすごい!エキストラどんだけいるの~さすがディズニーは金を持っとる!(笑)

ストーリーは有名なので割愛しますが、物語中盤はほとんど人間が出てこない(笑)
ベル演じるエマ・ワトソンはハマり役でしたが、それ以上に魅力的だったのが悪役のガストン!
彼は映画「ホビット」で英雄を演じていましたが、同一人物??と思うほど、この映画ではワルwww そしてバカwww
愚かで卑怯、ハンサムで一途で・・・とても魅力的。アニメのときは大嫌いだったのに、実写では際立ってチャーミングでした~歌も吹替えかと思いきや、役者本人が唄ってたのでビックリ☆ 舞台で鍛えた美声。
彼を賞賛する手下は、なんと「アナと雪の女王」のオラフ役の人。う~ん、見た目もオラフっぽい。なんでガストンなんかに必死についていくんだろうと思ってたけど、彼はガストンに恋をしていたんですなぁ。新解釈だわ。

それぞれのエピソードを丁寧に描いているので、アニメよりもキャラクターの深みが増して感情移入しやすい。
華やかな群舞も歌もディズニーらしい煌びやかさで、映像を見ているだけでもため息がでそうになります。

最後に呪いがとかれ、召使たちが人間に戻るわけだけど、
イアン・マッケランやユアン・マクレガー、エマ・トンプソンと名優ばかり!うわ~分からんかった~!だって映画では時計や燭台、ポットですし(=_=)
さすがに声だけではね

これほどの映画を作ったのは誰なんだろう~と調べたら、ミュージカル映画「ドリームガールズ」の監督でした。納得☆彼がミュージカルにしようと推してくれたからこその「美女と野獣」
人生の中で最も大好きな映画のひとつに加わりました^^



■モアナと伝説の海
 ★★★★★



予告編を見てもあまり魅力を感じなかったので当初見るつもりはなかったのですが~ハワイの神話を舞台にした映画と聞き、神話好きなら見ねばなるまい!と慌てて観に行きました(笑)

族長の娘として為すべきことを為さねばならない・・葛藤するモアナと、自己中心的な半神マウイの成長の物語。
海の美しい映像と、何度苦境に追い込まれても、諦めずに道を切り開いていく2人の姿に心が動かされます。

そしてディズニーといえば、やはり歌。
私は日本語で見ましたが、とても良かったです^^
モアナの主題歌も、ユーモアあふれるマウイの挿入歌も♪ 美女と野獣のガストンの歌と合わせて、ヘビロテで聴いてます(笑)


昔のディズニー映画は、あまり好きではなかったなぁ。
シンデレラや白雪姫。眠りの森の美女。
お姫様はただ美しいだけで、何もしない。(シンデレラは頑張った方かな)
そして王子様もただ美しいというだけで、お姫様に惚れちゃうんですよね~意識がない美女にキスしたりとか(^_^;)

ディズニー映画は男女蔑視だ、お姫様願望を刷り込むと海外では非難されることもあるそうですが、最近のディズニー映画はそうとは思わない。
ヒロインも活き活きと活躍し、自分の人生を自分で選択し、切り開いてる。
アナ雪は男性がちょっと残念な感じでしたが、モアナはマウイも活躍して2人とも恰好良かった^^
時代の変化を如実に感じましたね。


Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。