認知症の祖母~岡山に帰省


祖母のお見舞いで、岡山に帰ってきました。

現在、祖母は腰痛と認知症を患い、施設に入所中。
岡山に滞在する間は、祖母の家に泊まったのですが・・・・今までなら、祖父母が「よう来なさった」と迎えてくれたのに・・・祖父は数年前に亡くなり、祖母もおらず・・主のいない家が寂しかったです。





でも代わりに、おばや従姉が来てくれて賑やかに迎えてくれた^^
今回は母と妹、姪と4人で帰ったので、のんびりな日程。
ついてすぐ荷ほどきした後は、おもむろに母が大きな菓子折りをだし「お茶にしよう♪」そんな大きな折を自宅から持ってきたんかい!しかも手土産じゃないんかい!と思わずツッこむ☆
大変でしょ~と従姉たちがかけつけてきてくれた時は、当人はのんびりティータイムという(笑)

祖母宅はなんと築100年以上の、由緒正しき・・・ボロ屋です(=_=)
おば夫婦が2ヶ月かけて頑張って片付けてくれてはいたものの・・・とにかく不衛生。
食器を使おうとすれば、「これ、いつ洗ったの~」
ふきんを使おうとすれば、「ひぃ!Gの糞がぁぁあああああ!!!!」
到着当日はとにかく何をするにも「洗わな!」でした。
合言葉は「洗おう!!」
もともと潔癖の傾向はあったけど、この時ほどそれを意識したことはない・・・・。

でも一通り使うものを洗ったら、2日目あたりには順応してました(笑)


3日の旅日程で帰っていたので、てっきり毎日祖母に会えると思ってたら
そのうちの2日はまさかのデイサービスで会えない(=_=)
母、確認しとけよ!!

祖母に会えたのは、2日目だけ。
認知症が進んでいると聞いたので、とにかく一度は私たちの顔を覚えているうちに会いたいと思って。しっかり者で、いつも人を気遣う人で・・・でもやや毒舌で面白い。
そんな祖母が損なわれてしまってるんじゃないか・・・
私たちを覚えていないんじゃないか・・・
会うまでは、不安もありました。

でも・・・数年ぶりに会った祖母は、前に見た時とあまり変わっておらず。私の見た目が前と違うので祖母は戸惑ったようでしたが、すぐに思い出してもらえました^^
負担にならないようにと、会ったのは小一時間だけ。
思ったより普通の会話が出来たけど、やっぱり何度も同じことを言われた。
「よく来なさった」
「何もしてあげられなくてごめんよ」
「食事はどうしてるん」

私たちを気遣う言葉ばかり。変わらず冗談もたくさん言っていて、あぁ・・・記憶が薄れても、祖母はやっぱり祖母なんだと嬉しく思いました^^
忘れられることが怖いような気がしたけど、忘れられても・・・私たちが覚えていればいいのかな。

blog4645.jpg

結婚してから、なかなか母や妹とゆっくり過ごす時間がなかった。
みんな仕事があったし、私は猫の世話があるので実家に泊りがけで帰ることもないし。
なので姪がうまれても、もうひとつ伯母になったという自覚がなくて・・あ・・・姪いたっけ?・・みたいな感じ(^_^;) 
今回は泊まりでゆっくり姪とも過ごせたので良かったなぁ。

人見知りがなくて「neneちゃん、neneちゃん」と追いかけてきて、も~ホンマに可愛いの
2歳になって、よくしゃべるようになったので面白い(笑)
私が化粧をしていたら、妹が化粧をしないので珍しいらしく「neneちゃん、なにしてるの?」お化粧してるんだよ~姪ちゃんは大人になったらしようね~というと「姪ちゃんは大人になったらする」と言いまわっていて面白かった^^

祖母に会うのが目的だったけど、姪の成長は早いし、これから母も老いていくし・・・こういう時間をもっととりたいなぁと思った。








Comments 0

Leave a reply