我が家の防寒対策 / ぼやき


うちはマンションで密閉性が高く、何もしなくても真冬も室温は15度以上ある。
猫は元野良猫ばかりだし、夏場は熱中症対策に気を遣っても、冬場はとくに何もしなくていいとすら思っていたんだけど・・・・

毎年、猫たちが風邪を引くんよね(-_-;)
保護時にほとんどの猫が風邪を引いておりウイルスが体内にあるため、すこし弱るとぶりかえしてきちゃう。特にルナが風邪を引きやすく、冬場は何度も風邪を引く。先生に聞いてみたけど、免疫力が低いということでもなく、体質だろうと言われた。ならば、温かくするしかないのかなぁと。
今年はいつもより防寒に力を入れた結果、そういえば皆風邪を引いてないわ・・・。


●日中

日中は日差しもあり、結構あたたかい。
火事が怖いので、体熱であたたかくなるホットマットを使用。
これが猫たちには、すごーく好評^^

blog4563.jpg

自分の体温でほどよく温まるので、気持ちよいらしい。
マット自体の感触はもうひとつなので、ベッドの上に敷いて使用。

買い足したいけど、見つからなかった。もう廃版なんかな。


●夜間

こたつや、ホットカーペットを使用。
夜は冷え込むので、弱にして一晩中つけておく。

blog4564.jpg

チビ太は爆睡(笑)

blog4567.jpg

当初はホットマットばかり使っていたノアも、ホカペもあたたかい~と気づいた様子。
ただ、どちらも低温やけどが怖いんよね・・。
火傷や窒息などの事故もあるので、子猫は特に飼い主さんが気を付けてあげてください。




blog4565.jpg

ルナの大あくび☆

blog4566.jpg

でも一番は猫団子があったかいんだろうなぁ~^^




********* * * ********* * * ********* * * ********* * * *********

  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。






最近、ノアを保護した場所に怪しい大人が入れ替わり立ち代わり入っていくのを見かけた。
・・・・・・・・・・・また、子猫がいるんだろうなぁ・・・。
本人たちは隠れているようですが、バレバレですぜい。

このあたりは、無責任な飼い主が多い。
不妊手術をせずに外にだし、半野良状態で飼っているらしい(-_-;) 腹が立つ~!!
また餌やりもやたら多く、野良猫を保護する端から増えていくということが、いろんな人の話を聞いて分かってきた。みんな、なぜそんなに子猫を見つけるのかと聞くけど、そういう土地だからこそ異常に遭遇率が高かったらしい。

ノアを保護する時に、話しかけてきたオバサンも一年ぶりに見かけた。
妊娠しやむを得ず保護することになり苦悩する私に、自分の寄付活動を延々と語っていた人(-_-;)
なぜか自慢げだったけど、私からしたらノアが住みついてきた当初から知っていて、餌をやり続けてきたのなら、よそに寄付する前に不妊手術してくれればよかったのにとしか思えないよ。
そうしたらエイズにならなかったかもしれないのに。可哀想な堕胎をさせることもなかったのに・・って。
もちろん、そのおばさんが悪いわけじゃない。捨てたわけでもないし、ただ見過ごせずに餌をあげていただけ。
でも、他の猫に寄付するお金があったなら、なんでノアに使ってあげられなかったのって・・・思ってしまうんよね・・・。もちろん、何もしなかった私も同罪。

あの場所のTNRに関わることは、あの地域の揉め事に関わること。
餌やりさんには社交性に欠ける人も少なくない。人と上手く関われなくて、野良猫でもいいから必要とされたい。孤独をうめる代償行為であることも。野良猫問題って、人間の社会問題から派生していることがほとんどじゃないかと思う。相当の覚悟がないと関わることはできないし、今の私は抱え込む余裕はない。
でも、こそこそ餌をやりにいく姿を見ていると、
はぁ・・・・憂鬱な溜め息しか出ないわ。







Comments 0

Leave a reply