チビ太とモコ


モコがうちにいた時の様子。

モコが一番懐いていたのは、同じキジトラのチビ太。
保護した場所も10mくらいしか離れていないし、性格も似ているので血がつながっているんじゃないかなぁと思っているんだけど。どうだろうか。

フレンドリーなチビ太もまた、モコをとても可愛がっていました。

blog4508.jpg

お転婆モコたん☆

うちに来た子猫はみんな木に登る・・・。
そして亀水槽に落ちる・・・(いまは落ちないようにしてあります)

blog4509.jpg




たくさん遊んだら、にぃたんと寝んね♪

blog4510.jpg

入りたそうなルナ(笑)

blog4511.jpg



チビ太、いつもモコと遊んでくれてありがとね^^

blog4512.jpg


モコがトライアルに旅立った日は、みんな何事もなかったように過ごしていたんだけど、
翌日、チビ太がモコを探すのを見かけました。
モコがいた場所を何度か見て回り・・・・・・その後、モコがもう帰ってこないと理解したようでした。

お別れは切ないね。
でも、モコは新しいお家で幸せに暮らしているから大丈夫だよ。それを伝えてあげられると良いのになぁ。






●ただ今、募集中の猫は5匹です●

子猫4匹(生後5ヶ月くらい)

黒猫のノア

良いご縁を探しています。
よろしくお願いいたします。


********* * * ********* * * ********* * * ********* * * *********

  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。









うちの先住猫は我が家に来てからずっと保護猫が来て、出ていくの繰り返しで、どうもその状況をうっすらと理解しているらしい。
だからいる間は構ってくれるけど、出て行った後はあまり頓着しない。去る者は追わずといった感じ。

でもクロとチビ太の時は違ったなぁ。
クロは可愛がっていたチビ太がいなくなったことが辛くて寂しくて・・・・チビ太がいない4日間、ずっと私たちに「チビ太を返してくれ」と鳴いて訴えていた。
チビ太もまたトライアル中に、うちに帰りたいと鳴いていたらしい。
なんか・・・そういうこともあるんだなぁと思う。

結局、里親さんが可哀想と断念したことでチビ太は4日で戻ってきたけど、それがなかったらクロはもっと鳴いてたんだろうなぁ。
(その後、クロが可哀想なので、ダンナの反対を押し切ってチビ太を里子に出さずうちの子にした)



猫なんか、ただの「動物」だという人もいる。蔑む人も多い。
でも、こういう姿を見ていたら、人間と猫(動物)の何が違うのか・・・私には分からない。猫も情が深く、優しい気持ちを持っている。人間だけがエライと思うのは驕りなんじゃないかな、と思うのである。






Comments 2

アヤコ

最後のチビ太君とクロちゃんのお話…グッときますね(;_;)クロちゃんの中で何かしら感じるものがあったのかなぁ~…

チビ太くんは面倒見が本当に良い子ですもんね♪お婿さんに行かなくて良かったですね!今やキーマンならぬ、キーニャン(笑)

2017-01-05 (Thu) 21:44 | EDIT | REPLY |   

nene

ニーナとルナが仲が良すぎたので、クロは寂しかったんでしょうね。チビ太を手放したくなかったみたいです。

チビ太がこんな保父さんになってくれると思わなかったなぁ(^_^;)
本当に助かってます(*^^*)

2017-01-06 (Fri) 08:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply