スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロエちゃん里親さま決定!! 2 ~妊婦さんと猫


ちなみにもう1匹の先住猫、さくらちゃんはというと・・・

blog4455.jpg

大らかな性格で、あまり気にしていなかったようです(^_^;)
あかりがあまりにもクロエを追いかけ回すので、一時期クロエも反撃し険悪になったようですが、さくらちゃんは知らんぷりして乗り切ったエピソードが大好きです(笑)


時間をかけ、工夫をして先住猫と保護猫との間をとりもち、

blog4456.jpg

アヤコさん達の努力がようやく実り・・・少しずつ、猫達は互いの距離を縮めて行ったそうです。

blog4457.jpg






クロエちゃんを保護して、約3ヶ月半・・・・・・

アヤコさんから嬉しいご報告が届きました

blog4459.jpg

『クロエを正式に我が子として迎え入れたいと思います!』

この子に出会えた事も、
お嫁にいける状態じゃ無かった事も、この子の持っていた運命だったのだと思います。

この日が迎えれて本当に嬉しい!
あの時手放さずに本当に良かった!


アヤコさんから喜びいっぱいのご報告をいただきました^^
本当にこの長い期間を、諦めず・・・ねばり強く・・・・アヤコさん達も猫達も頑張りぬいたからこそ、掴めた幸せだと思います
私も心から嬉しい!!!!!
アヤコさんすごい!!!!

クロエのことを応援してくださった皆様にも、良いご報告をすることができて嬉しく思います^^
ありがとうございます。




クロエのお話を伺う中で、私もいろいろ考えさせられました。
妊娠中に飼い猫を手放す方は少なくないと思います。今まではそれが理解できなくて、どちらかといえば許せない気持ちが強かったです。
でも今回のように、自分だけの問題じゃなく、子供の未来のことや周りの家族の期待・・・プレッシャー・・・それら様々な要因で飼い主自身が望まなくても手放すように追い込まれることもあるんですね。

トキソの感染経路となる猫の糞の始末さえ気を付けていれば大丈夫だと、どこか軽く思っていたのですが・・・
万が一感染してしまった場合に、たとえ別の原因だったとしても飼い猫が疑われてしまうこともある。そうならないように逆に飼い猫を守るために手放すこともあるのかもしれませんね。

当初、私はそこまで深刻に考えていなくて、アヤコさん達の苦悩に・・・・気づけてなかった。
印象に残った言葉が「この子を助けたい、幸せにしたい!飼ってあげたい!と膨らむ気持ちと裏腹に、それを許さないような雰囲気と状況に苦しみました」
アヤコさんの場合はご主人やご実家に理解協力があったので何とかなりましたが、正直、そうはならないご家族も少なくないと思います。
私自身は子供はいませんが、今後も里親募集をしていく中でまた同じ問題に直面するかもしれない。
今回のことで、改めて考えさせられることが多かったです。


※この記事を書くにあたり、アヤコさんの了承をいただいております。



blog4458.jpg

3ヶ月半お疲れ様でした。
これからも大変なことはあるだろうけど、きっと乗り越えていけると思います^^

来年は家族もひとり増え、ますます賑やかになるアヤコ家。
きっと赤ちゃんは猫好きな子に育ちますよ~^^ 楽しみです♪








********* * * ********* * * ********* * * ********* * * *********

  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。







Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。