スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夏は、映画三昧☆(シンゴジラ・アリスほか)


近くに映画館が出来たので、休日はいそいそと観に通っています♪

映画はDVDでいいや~という方も多いですが、
大きなスクリーンと迫力あるサウンドでは感動の大きさが全く違う。映画館って、映画を観るためだけの場所、時間を提供してくれるんですよね~なんとも贅沢なひと時だと思います



ちょっとだけ、ネタバレあり☆





■ シン・ゴジラ
  ★★★★★

着ぐるみの怪獣がミニチュアのビルを踏みつぶす。そんな怪獣映画には全く興味がなかったけど、このシンゴジラは予想とは全然違った。
俯瞰して見下ろすのではなく、地面からゴジラの巨大な尾を見上げる。
無機質な目、圧倒的な力の前に、人間たちはなすすべもない・・・・。

「怪獣映画」と思って見に行くと、予想を裏切られると思います。
ゴジラに対抗するのは怪獣でもウルトラマンでもなく、等身大の人間。政治家や自衛隊。
未知の生物に対し、どう対抗するのか・・・・・・緊迫の会議・・・でもニヤリとするブラックユーモアも(笑)、このノリは「踊る大捜査線」に似てるのかな(というか、踊る大捜査線元ネタのパトレイバーに近い)情報量が多い映画・・・大好物です(笑)
アニメの監督だからか、映像が多彩。エヴァもそうですが、人間と全く交わることがないような不気味な生物を描くのが上手い監督ですね。
そして今回、邦画でもここまで迫力ある映像がとれるのか!と驚いたのが、海上や陸自の協力映像。
戦車に戦闘機・・・これ、本物じゃ・・・・と思ったら、がっつり協力していました。ゴジラに蹂躙されちゃうのに、いいのかしら?(笑)

初代ゴジラもそうだったと聞きますが、
見ていて感じたのは・・・社会風刺の側面が強い。
圧倒的な災厄=ゴジラ。
ビルや車をなぎ倒しながら、海から川をのぼっていく様は・・・・東日本大震災のことを連想しました。
なぜ、こんなことが自分たちの身に起こるのか・・・。
そして何度も心折れながらも、命を賭してでも東京を、人々を守ろうとする主人公たちに、胸が熱くなります。
何度壊されても、何度だって蘇る。
そんな監督のメッセージがストレートに胸を打ちました。


■ アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
 ★★★★☆

前作は大好きなティムバートン監督ではあったけど、アリスが自信のない愚かな子供で・・・あまり好きじゃなかった。
今作は自立し、父親の跡を継ぎ船長となった大人のアリスが主人公。
大胆で魅力的な女性になったのに、封建的なイギリス社会に受け入れられずにまたもワンダーランドへ。

マッドハッタ―を助けるために時間を盗み出したアリス。
追いかける時間の番人タイム。
息もつかせぬ展開と、あとアリスファンが喜ぶようなエピソード満載(なぜハートの女王の頭が巨大化したのかw ベビーチェシャ猫とか)で前作よりずっと面白かったです♪

ファンタジーであると同時に女性の自立を描いた映画。
あとで調べたら、脚本家が「マレフィセント」の女性脚本家と知り、納得☆
「アナと雪の女王」もそうですが、白馬に乗った王子様を待つ時代は終わったんだよね。



■ 死霊館 エンフィールド事件
  ★★★★★

私が生まれた時代は、オカルトブームだったそうです。
子供の頃によくオカルト映画をテレビでやっていたので、すっかり70年代のオカルト映画ファン(笑)
その頃に見た「悪霊の棲む家」を根性で探し当てたくらい。

映画はその実在した「悪霊の棲む家」を霊視するシーンから始まったので、個人的にものすごく盛り上がった(笑)

ストーリーは割愛しますが、とにかく「恐怖」を演出するのが上手い監督です。
普通の人が撮ったら、どう考えてもギャグになるシーンが、ものすごく怖い映像になっている。カメラの使い方を熟知していると評されていました。

また主人公の霊能力者ウォーレン夫妻をはじめ、登場人物の情愛を細やかに描いているからこそ、観客は共感してより恐怖が増大するんだと思う。
オカルト映画としてだけでなく、ヒューマンドラマとしても上質な映画です。
多くのホラー、オカルト映画を観ましたが、私の中ではNO.1



■ 貞子 vs 伽椰子
  ★★★★☆

貞子と伽椰子が戦ったらー?
エイプリルフールの冗談から、実現した映画www

あまりにもB級すぎて、いくらホラー好きな私でもなぁ・・・と躊躇していたら、意外に口コミが良かったので見に行くことに。

私は呪怨でなくリングファンですが、あのジャパニーズホラーの世界感そのまま・・・いや、もっと恐ろしく「真面目に」ホラー映画でした。貞子の呪いにかかってしまった主人公の友達。
呪いの期限が近付くにつれ・・次々に起こる怪現象。
怖いです。

前半はがっつりホラーでしたが・・・後半から、なんか少年探偵団みたいなノリの人が出てきたwww
途中まで映画館でひとりブルブル怯えていたのに、
貞子と伽椰子のバトルシーンはさすがに笑ってしまった(^_^;) 立って戦う貞子に、寝転がって応戦する伽椰子。いやいや、伽椰子が圧倒的に不利やんww
このシーンはさすがにどうにもならなかったのかしらん


映画を観たと報告すると、ほぼ全員に
「どっちが勝ったん?」
と聞かれました(^_^;)



■ TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ
  ★★★☆☆

ご存知クドカンのヒット作♪
クドカンらしい笑いが随所にあって、面白かったです^^
地獄の映像はロケやCGではなく舞台美術がメインだったので、映画館で舞台を見たような感覚。

内容的にこれは自宅でも十分かな~と思わなくもないけど、
要所要所にあるロックは、やっぱり映画館の方が良いか。舞台であり、ライブのようでもありました。
頭からっぽで楽しめる映画☆






次は「PET」を見に行く予定♪
ハリポタやボーンの続作もあるし、今年の後半は映画当たり年だわ

いや~映画って、本当にいいもんですね^^


Comments - 2

アヤコ

ペット!私も見たい映画の一つ♪
あと、イッパイアッテナも見たいな♪

2016-08-11 (Thu) 17:00 | EDIT | REPLY |   

nene

イッパイアッテナ
評判良いですよ〜♫ 体調が良かったらぜひ(*^^*)

ペットの前に、ゴーストバスターズ見てきました(笑) これも面白かったです♫

2016-08-13 (Sat) 12:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。