スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営利目的の猫カフェには反対


最近、保護譲渡猫カフェの記事をいくつかあげましたが、
実は営利目的の猫カフェには反対の立場です。

理由は簡単、

自分の猫を「猫カフェ」で働かせたいか?

と問いかけたときに、答えはNOだから。



猫カフェとして運営していくには、当然ながら利益をあげ続けなければなりません。
猫の中には人に慣れない子もいるでしょうし、
病気になってしまうことも。
そうなった場合に猫で利益をあげるどころか、高額な医療費、ケアが必要になってきますよね。どこまで面倒を見てもらえるんだろうか?
我が家にはいま5匹の猫がいますが、1匹風邪をひいたらすぐに感染します。多頭飼いは投薬やケアが本当に大変・・・ましてや、そんなにたくさんの猫を狭いスペースに押し込めて、少人数のスタッフでいきとどいたケアが出来るとは到底思い難い。

また、今の猫ブームが去ってしまい、お店の経営が破たんした時に、猫はどうなりますか?
経営者がすべての猫を飼いますか?
それとも、きちんと里親を見つけてもらえますか?

猫カフェに限らず、不景気で多くの店が短期間でつぶれているのを見ます。
でも、猫は15~20年生きる。
今ある猫カフェが、それほど長く経営していけるのか、私は甚だ疑問です。
いま、動物愛護法違反で登録取消になった猫カフェがニュースになっていますが、今後、こういうことが増えてくるのかもしれません。


保護譲渡猫カフェは、あくまで常設の保護&譲渡スペースであり、基本的には猫にいなくなってもらう(猫に家族を見つける)活動です。
猫のための活動なので、それぞれの猫の性格にあわせて十分なメンタル・医療ケアを行う、
また客に対しての注意喚起や、人間が媒介する感染予防も十分に考えられていました。
客層も「保護猫」に対して、理解がある方が多いように思います。

経済的な負担負荷を猫に強いる「営利目的の猫カフェ」でなく、保護譲渡型の猫カフェが増え、地域猫活動等にも理解ある方が増えれば良いと思っています。









********* * * ********* * * ********* * * ********* * * *********

  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。






Comments - 3

アヤコ

全くもって同感!!
血統がついてそうな立派な猫ちゃんばかりを集めた猫カフェなんて不信感しかありません。

猫カフェは行き場を無くした子達の救いの場であって欲しい。

猫ブームは誇らしくあるけれど、ブームと言われるものは必ず終わる…その先を思うと怖いですね(´・ω・)

2016-06-21 (Tue) 14:21 | EDIT | REPLY |   

nene

ありがとうございます。
反対!て強い言葉だな〜と少し迷いましたが、
いや、でも!やっぱり反対!!

猫が好きだからこそ、営利目的での猫カフェは考えられない。
不特定多数の客が訪れるということは、猫には大きなストレスになるし、感染症リスクも非常に高い。
保護猫カフェはデメリット、リスクを天秤にかけても猫にプラス。(マイナス部分を減らす努力もされているし)やる価値があると思いますが、それ以外の店って猫自身にはデメリットしかないのでは?

もし、猫カフェで立派な血統書付の猫をみたとしても、その子達の将来を思うと、、切なくなる。辛くなる。だから行きません。

猫は可愛いけど、ブームの先を思うとゾッとしますよね、、。

2016-06-21 (Tue) 18:39 | EDIT | REPLY |   

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-07-01 (Fri) 18:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。