モヤモヤ・・・・餌やりさんが悪いわけではないけれど


今日はちょっとグチです(しかも長い!!)
聞きたくない~~という方はスルーしてください(^_^;)





最近、私は夜も安眠できないくらい悩んでいました。
まぁ、原因はお察しのとおり、ノアのことです。

一通りの検査、ワクチンも終え、里親募集に出したいところですが・・・・・・ノアを可愛がっていた餌やりさんが、できればノアを飼いたいと仰っていたので・・。
大体募集にかけるまで2ヶ月くらいは猶予があるので、その間に反対しているご家族の同意を得られれば~ただし、同意を得られたとしても譲渡条件は厳しいものであると予めお話はしていました。

当初から餌やりさんはいろいろお願いごとがあって、
写真を見せてほしいとか、猫が見たいから家にあげてほしいとか、いろいろ言われてまして・・・やはり自分が面倒を見ていた猫のことだし、私が悪い人間か心配かもしれないだろうしで、安心してもらえるように可能な限りは対応していました。
さすがに男性を家にあげることは無理ですがね(^_^;)

ーで、順調に人馴れも終えて、餌やりさんに意思確認をしたのですが・・・
どうにも歯切れが悪い。
とくに医療費の話をしたときの反応が・・・。
てっきりボランティアだし、無料で譲ってもらえると思っていたのかな~??

私も募集当初は医療費の負担は求めてはなかったんですけど、最近は一部ご負担いただいていますし、それが当然だと思っています。ペットを飼うにはお金がかかります。最低限、フードにトイレ砂。あと不妊手術にワクチン、病気になったら多額の医療費。ノアは諸事情でボランティア協力病院に連れて行けなかったので、すでに医療費は5万円を超えています。まだあと2回目のワクチン等が控えていますので、もうすこしかかる(^_^;)
医療費をご負担いただくのは、一番の里親詐欺防止になること、加えて「ペットを飼うには、お金がいる」とご理解いただきたいからです。

脱走防止対策をしてもらえるのか、ご家族全員の同意を得られるのか、
それらの最低限の条件をクリアしなければ・・・結局のところ、里親も猫も不幸になります。
条件をお話したところ、とても飼えないと思われたようで辞退されました。

このあたりで・・・まぁいろいろご事情はあるんでしょうけど・・・ノアのことをそんなに欲しいわけじゃない。自分に懐いてくれる猫なら、ノアじゃなくても良かったんじゃないのか・・・なんとなく、そう思えてきまして・・・。

そもそも本当に猫のことを思うなら、エサだけあげていればいいのか?
人馴れさせることが、かえって連れ去りや虐待の対象になると思い至らないのか?
ノアは放置すれば子猫を4匹産んでいました。
元から野良猫が多い地域なのに・・・去年末頃から目立って猫が増えてきて、うちのマンションでも問題になっていたくらいなのに。更に増えれば、もっとトラブルが増え・・・ひいては虐待も増えます。
結局、人間の怒りの矛先が向くのは、餌やりにではなく弱い猫になんです。
餌をやる→猫が増える→近所トラブル→猫が虐待される
悪循環です。
だからこそ、餌をやるなら不妊手術をして数を抑制する活TNR活動が推奨されているわけです。

そのあたりは、その餌やりさんもTNR、地域猫活動の勉強会に参加したりしてご存知のようでしたが・・。


なんだかモヤモヤしながらお話は続けていまして・・・
ノアに会わせてもらえないかと仰るので、もちろん会わせるのは良いけどキャリーからは出せない、触れないとお話すると
「触れないなら、会ってもしょうがない」とか、ぬかす

触れないなら

会っても

しょうがない、だと!?


あのな~ノアは犬でなく、猫でっせ?
引き合わせたら、感動して駆け寄ってくるとでも思った?
するか!!
キャリーの蓋開けた途端に噛みついて脱走。また野良猫に逆戻りするに決まってるわ(-_-;) そうすると怖い思いをさせてやっとお家は安全と分かってもらえたのに・・・また辛い思いをさせることになってしまうのに。

なんか猫のことをホンマに何も知らないし、自分本位なんだな~とガッカリしてしまった・・。暗に、懐いてくれる猫じゃなければいらない、私にはそうとしか聞こえなかったよ。
ノアのことが心配じゃないの?
一目、本当に私にちゃんと飼われているのか確認したいと思わないの?
里親詐欺の知識は十分にあり私にさんざんレクチャーしてたけど、知識だけ。・・・現実には何もいかされていない。

私なら触れなくても、一目無事を確認したいけどな。
自分で飼えなくても・・里親さんにたくさん愛されて、幸せになってほしいと・・そう思うけどなぁ・・。
なんか、とても残念でした・・。

でもこの方はまだ良い方です。
ノアの幸せのためにと捕獲してくださり、里親も自分から辞退されたわけですから・・・。中には猫が外で辛い思いをしようがお構いなしに、自分の存在価値を確認するためだけに餌をばら撒く人間もいます。
猫が餌をもとめて自分によってくることで、自分の存在意義を確認したい、
猫が病気で苦しもうが、近所トラブルになろうが、虐待されようが・・・全く意に介さない。見かねて保護しようとしても、妨害までする。

人間にどういう思惑があれど・・・・
猫にしてみれば、餌をくれる人間はいい人なんですよね・・。
ノアも・・うちの保護猫もこういう方がおられたからこそ、私の元にたどりつき、良い里親さんの元にいくことができたわけだし。

餌やりって、本当に大変なんですよ。
毎日毎日決まった時間に餌をあげに行く。雨の日も風の日も。寒くても暑くても、体調が悪くても・・・。
中には罵倒してくる人もいるし、猫の辛い現場に立ちあうことも多い・・・・捕獲のために餌やりに入ったことがありますが、正直、仕事や家事を終えて毎日通うのは大変でした。

餌やり行為はターゲットになりがちですが・・・・そうではなく問題の根は、モラルの低い飼い主達や、ペットの供給過多、人間関係の希薄化・・・複雑に絡み合ったもので、一朝一夕で解決できるものじゃないんですよね。
・・・・と頭では分かっていても・・・・ペットを家で飼えないからと、ただ餌だけあげるていうのはどうなのかとも思ってしまうし・・・・まだまだ人間ができていない、未熟な私はどうにもモヤモヤ~(-_-;)
かといって、地域猫活動にまで入れない私に、何を言う権利があるのかとも思うし。
どうにも、今回の件についてはモヤモヤしてしまいます。

Dicha(デイッチァ)たちの餌やりさんは何も求めずに、ただ幸せにしてあげてと送りだしてくれたし・・・本当に人それぞれですね。

いろいろモヤモヤはしますが、ノアの幸せを願っているのは私もノアパパも同じです。
改めてきちんと募集をかけ、良いご縁を探したいと思います。







********* * * ********* * * ********* * * ********* * * *********

  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。















Comments 4

まぐろ

No title

全然グチじゃない!
正論だし、読んで良かったと思えるとても大事なお話でした。
地域に関わるのって大変ですよね。
ましてや考えや価値観の違う他人。。。
何も行動出来ていないワタクシ、頭が下がります。

2016-06-09 (Thu) 17:06 | EDIT | REPLY |   
nene">

nene

Re: No title


この記事はすぐに答えがでるものでもないし、いろいろ誤解もされそうなので、あげようかどうしようか、これまた悶々と悩んだんですが・・・・これもまた野良猫に関わるならあることだと、「私の今」をお話することにしました。感情的でお見苦しいですけど・・赤裸々な私の姿です(^_^;)
読んで良かった・・そう思ってもらえたら、それ以上に嬉しいことはないです。ありがとうございます(;_;)

以前は「不妊手術をしない餌やりさんが悪い!」と思ってたんですが、いろんなボランティアさんのお話を聞く中でそうじゃないんだと気づかされました。
(ホーダーについては、話は別ですが)
餌やりって本当に辛いです。できればしたくないけど、飢えてやせ細るのを放置できない・・・その葛藤の中で夜の闇にまぎれて続けている方も多いです。不妊手術までしてもらうのが良いんでしょうけど、しないからといって餌やりさんが全て悪いのかと言われたら、それも違うような・・・。

理想的なのは、餌をやる人、不妊手術をする人、里子に出す人・・複数がチームを組んで、得意なところをメインにするのが一番良いんじゃないかな。
とはいえ地域猫活動に手を出すのは、人生を猫に捧げても悔いなし!くらい思えないと厳しいと思います。大変な活動も楽しめるくらいタフじゃないと(^_^;)

今は多くのボランティアが、多頭飼育崩壊寸前です。
そうなってしまうと、保護して良かったのかどうか・・・自分の限界を越えない勇気も、私は必要だと思っています。でも目の前に消えそうな命がいたら・・・なかなか厳しいんでしょうが。
まぐろさんもどうぞ無理はなさらないで下さいね。
ひとりの餌やり、ボランティアが無理するのではなく、多くの人が少しずつ支え合うような社会になると良いなぁ。

2016-06-09 (Thu) 20:17 | EDIT | neneさん">REPLY |   

アヤコ

ノアちゃんのパパになる覚悟が足りん~(*`Д´)ノ!!!(笑)

ホントに人それぞれ、野良猫に対する知識も、愛情の持ち方もそれぞれなもんで、悩ましいところですね。

私もneneさんに出会って色々な事を知ることが出来たし、良い意味で考えさせられる事も増えました。

ノアちゃんの餌やりさんも、これを期に本当の愛のかけ方を考えてみる良いきっかけになったら良いな♪

2016-06-11 (Sat) 12:43 | EDIT | REPLY |   

nene

そう、ホンマに覚悟が足りん!!と、夫婦で叫びました爆。

里親希望者さんにはこれから一緒に暮らすうちに、愛情は育つものだし、、、と気長に思っていますが、
アンタは子猫の時から、ずっとノアを育ててきたんやろ?
触れないならいいって、どういうこと!?
それに飼わないなら請求はしませんが、一言医療費を負担するとかあってもいいのでは?とも思ったり(ー ー;) むーん。

彼からしたら、本音は保護させずに子猫を産ませて、可愛がりたかったんだと思いますよ。堕胎させて命を奪ったのは私ですが、かといって産ませて現場が荒れていくのは見過ごせず、、。
一方、彼が毎晩通い、欠かさず餌をやり続けたからこそ、繋がった命もたくさんあります。今までウチに来た子の中にも、知らず助けてもらっていた子もいるでしょうし。

物事の一面だけでは判断できないことなので、どうにも複雑な気持ちです、、。

2016-06-13 (Mon) 18:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply