【拡散希望】【転載】Wキャリア(未発症)のキジシロ成猫♂~里親様募集中(東京)


boronnta1.jpg

名前:ぼろん太♂
(去勢済)推定5歳

FIV/白血病陽性(キャリアで発病はしていません)
駆虫済み






boronnta2.jpg

何度か捨てられ、外で虐げられながら暮らしておりました。
黒い液体をかけられ弱っていたところを、保護主さん達に手伝ってもらい保護しました。

虐げられても人間が大好きなぼろん太君です。
思い切り甘えられる本当のお家に送り出してあげたいのです。
宜しくお願い致します。

ブログつるふかびより

連絡先 mivory_faye☆(☆→@yahoo.co.jp)

boronnta3.jpg



** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * **



<ぼろん太の気持ち>


boronnta4.jpg

僕は本当は人間が好きだった。おうちに居たことだってある。
でも、何回も捨てられた。
それで、がんばって自分でごはんを探したら、怒られて、叩かれて
怖い思いも、痛い思いも、たくさんした。
敵(別の猫)もいっぱいいる。負けるわけにはいかなかった。
だから、引かない僕には、顔にたくさんの傷がある。

寒い日に、人間に背中から何か冷たくて臭い黒いものをかけらた上に
敵(別の猫)に襲われて、もうだめかなって思った。
人間なんて信じないようにしてたけど、たまにごはんをくれる人の所に行ったら
あったかいごはんとミルクをくれて、あったかいタオルで背中を拭いてくれた。
だから、「おいで」って言われてキャリーに入った。

僕は本当は人間が好きだった。
おうちで、ごはんをもらって、なでてもらえるなんて、夢みたいだ。
でも、急に何かをされると「たたく?」と怖い記憶がよみがえって
びくっとしたり、あわてたりしてしまう。

病院の先生に「こんな顔して「あまえんぼう」で。」と笑われた。
だって、ずっと、甘えたかったんだもん。
まだおうちの暮らしに慣れてなくて、つい噛んでしまうこともあるけど
僕はがんばる。人間と暮らしたい。
だから、がんばる。

boronnta5.jpg


こんなぼろん太君の本当の家族を探しています
皆様、ご協力をお願い致します。



ぼろん太君への申し込み、問い合わせは

mivory_faye☆yahoo.co.jp
☆→@へ書き換えてメールを送信して下さい
アンケートをお送りいたします。





(※つるふかびより様より一部転載)



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
↑以上転載↑



くるねこさんのところで里親様募集として紹介されていた、ぼろん太くん。
仮名の通りにお顔は傷だらけ。
2回目の掲載・・そしてWキャリアということで・・・どんな猫生を送ってきたんだろうと預かりさんのブログにお邪魔しました。

想像した以上に・・・過酷な猫生を送ってきたぼろん太くん。

人間を怖がる姿が・・以前、うちにもいたDicha(デイッチァ)に重なりました。
あの子も暴力を受けて・・何気なく手を上にあげただけで身をすくめて怯えていたなぁ・・。黒い液体をかけられて、病院で先生たちが必死になってキレイにしてくれた。

そしてWキャリア。
うちにも白血病キャリアの透がいた。
隔離せざるを得ずに、いつも寂しくて一生懸命追いかけてきたのを覚えている。

今はDicha(デイッチァ)も透も理解ある優しい里親さんの元で、辛い過去を忘れて・・幸せに暮らしている。

ぼろん太くんも人間に虐げられて辛い思いをしただろうに・・人が大好き。強くて優しい子。
Dicha(デイッチァ)や透と同じように幸せになってほしいと思い、転載をお願いいたしました。

透も中々お問い合わせがなかったけど・・・
とっても素敵な里親さんに赤い糸がつながってたよ。

ぼろん太くんも時間はかかるかもしれないけど・・・きっと運命の糸がつながっている。

皆さま応援をよろしくお願いします^^







にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ 

banner-ame.gif
おひとりでも多くの方に記事をご覧いただくため、応援ポチポチ☆お願いします!!






Comments 2

茶々ぱぱです

外猫のことを考えるとき
いつも茶々との出会った時の
ことを思い出します。

生後2ヶ月の茶々はとある
ガード下の工事現場に
意識朦朧で入って来ました。

掘削穴に落ちて、横倒しのまま
動きませんでした。

私が拾い上げた時、ノミが
200匹位着いていて、
貧血と空腹で朦朧として
落ちたんだなと思いました。

土砂バケツにタオルを敷き、
昼食のコンビニ弁当の
唐揚げを小さく裂き与えると
彼女は弱々しく食べ、
そのまま眠りました。

土砂バケツに別のタオルを
被せて夕方覗いて見ると
こちらを見上げてニャーンと
小さく啼きました。

直ぐに動物病院にいきましたが、
小さすぎてレボリューション等の
処置が出来ずに、蚤取りシャンプーで
蚤との戦いでした。

彼女の生きようとする意志は強く
日に日に元気になっていきました。


茶々と同じくして、命がけで
沢山苦労したボロん太くん。
良い里親さまが見つかる様に
考えて病みません・・・。


2014-04-12 (Sat) 18:40 | EDIT | REPLY |   
nene">

nene

茶々ぱぱさんへ


茶々ちゃん・・出会ったのが他でもない茶々ぱぱさんで本当に良かったね。
そんな場所で、
小さな小さな茶々ちゃんを見つけてくれたのは・・やっぱりめぐり合わせだなって思います。

小さな身体でよく頑張ったね。
そして、ぱぱさんも懸命に看護されて・・茶々ちゃんが今こうして元気でいてくれて嬉しいです^^

茶々ちゃんも・・・ぼろん太くんも・・・やはり野良猫が生きる世界は過酷ですね。
自然界の厳しさだけじゃなく、人間の虐待もあることに憤りを感じます。
でもいつも思うのは救うのも、また同じ人間なんですよね。
とっても可愛く愛情豊かで・・人を信じる強さをもっているぼろん太くんなら、時間はかかってもきっと良い里親様にめぐり会えると思います。
茶々ちゃんとぱぱさんみたいにね(*^_^*)

いつも、優しいコメントをありがとうございますe-420


2014-04-14 (Mon) 20:29 | EDIT | neneさん">REPLY |   

Leave a reply