スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況~映画とか東方神起のこと♪



更新がない間のこと。

さすがに3月は決算月なので、仕事もちょっと忙しかったです~。
電話対応もある仕事ですが、ひさびさにがっつりクレームをいただき、ボケカス言われちゃいました。
お怒りも分かるけど、業務上の罵倒にそういう言葉を使うのは社会人としてどうよ(-_-;)

しかも他所の部署へのクレームだったのに・・・そのせいで終業後に予約していた映画をキャンセルせざるをえなくなり・・キャンセル料は返ってこないわ、罵倒されるわで散々でしたわ。

他所の部署の上司へ、映画見れなかった~と文句をいって溜飲を下げる私。
ちっさ!w


そんなことに負けずに、再度チケットをとって見に行った映画は

アナと雪の女王
  ★★★★☆

あらすじ: エルサとアナは美しき王家の姉妹。しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、妹のアナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、夏に憧れる雪だるまのオラフと一緒に山の奥深くへと入っていく。




CMでこの曲を聴き、絶対に見に行く!と決めた。
これを映画館の音響で聴けるだけで、十分に価値はありましたよ^^

エルサの抑圧された子供時代から自身を解放する姿を歌いあげる、トニー賞女優のイディナ・メンゼル。これを聴くだけで毎回感動して泣けてくるんです。

ディズニーらしい魔法と愛、そして感動と笑いに満ちたストーリーと、
世界トップクラスの美しい映像(特に氷の城が美しい!!)も、とにかく素晴らしいの一言。
今までディズニー映画で一番好きだったのは「アラジン」やったけど、同じくらい好き。

2D字幕で見たけど、吹替え版松たか子の歌声も良いそうなので・・来月は3D吹替え版を見ようかな♪

先日見た映画「ホビット2」も良かったし、良い映画に出会えると本当に幸せです




あと、私の大好きな東方神起がまたまた韓国で再始動。
なんか、韓国の音楽界って不思議で、一定期間活動したら休んで、また新たなイメージで活動を始めるらしい。

2人になったときにデュオとして、それまでの甘いアイドルなイメージと一転、「why?」で大人の男性的なイメージで復活したのが記憶に新しいと思うんですけど・・
今回は女性ファンに配慮して敬遠していた・・

女性ダンサーを起用!










世界的な振付師を起用したダンス構成が、めちゃカッコいい

女性ダンサーが嫌という女性ファンが多いらしいけど、私は女性と踊ることでより男性のセクシーさが表現できると思うので大賛成です♪
女性自身も魅力的で、特に最後にトランプを差し出す女性がキュートでお気に入り♪
東方神起より、ついダンサーに目を奪われたりもしてwww

東方神起は歌とダンスが魅力のパフォーマー。
ダンスがなく曲単体で聴くと、残念ながら魅力は半減すると個人的に感じていました。

新曲の「something」はそれをくつがえす、良い曲だと思います。
ご機嫌なスイングジャズナンバーで、チャンミンの声の魅力がよく活きて、何度聴いても気分が上がって楽しい♪
ほかに過去曲で「Before U GO」も良曲なのに・・残念ながら日本語バージョンが出てないですね。ライブで歌っただけ。

年齢的にあれほど激しいダンスを続けていくことも難しくなっていくと思うので、歌唱力がより活かされる曲作りも頑張ってほしいなぁと思います。





あとね、
今は韓国と日本の間は難しく・・東方神起が好きだと言うと、韓国嫌いの方に嫌な顔をされるのがちょっと悲しい。
私も竹島などの問題では心穏やかではなく、決して好きと言える国ではありません。
でも、個人的には別。

東方神起が親日で日本のファンを大切に思っていることは、ライブに行けば分かります。
今までたくさんの海外アーティストのライブへも行きましたが、高いチケット代をとるのに・・ほとんど言葉もなく短い時間で終了。
対して東方神起はその時の時事ネタをとりいれた楽しいMCで笑いをとり、3時間半という長時間のライブをしてくれます。
現場スタッフの方によれば、リハーサルもかなり力を入れたものだそうです。
J-POPとして売り出したので海外アーティストとは背景も経緯も違うのはもちろん分かりますが・・それでも、彼らの誠意は十二分に伝わってきます。
だからこそ、一度ライブに行くと、多くの方がリピーターになるんだと思います。
私はファンクラブに入ってるのに・・なかなかチケットがとれないくらい人気なんですよね(^_^;)

あと個人の付き合いとして在日の方もいますし、友達のご主人が韓国の方であったりもしますが・・
別に日本人となんら変わりないですよ。
誠実で優しい人達です。
国としての思惑が入れば・・・国対国では色々問題は大きいでしょうが・・だからといって、いがみ合い私たちを憎む彼らと同じ土俵にあがってどうなるのかと思います。
その先に見えるものは、一体何なんでしょうね。

メディアの情報をそのまま受け取り、憎むなら彼らと何も変わらないと思います。
自分で経験し感じたことをもっと大切にし、個人レベルで考えるなら・・・いつか、雪融けもあるやもしれませんね。
そうあってほしいと願っています。


アナと雪の女王東方神起ダンス

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。