スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のように人懐こい子猫

今まで何匹も譲渡してきたけど、犬飼いさんからお問い合わせがあったのは結だけ。
大らかで犬とも上手くやっていけそうな感じがするんだって。
あと、人懐こく犬っぽいからというのもあると思う。



普段、私たちが忙しく動いている時は、先住猫と楽しそうに遊んでいる結。

一休み~とソファに座っているのに気付くと、

「キュ

と一声、本当に嬉しそうに鳴き、駆け寄ってきて甘える。

これが、も~たんまらなく可愛い


blog2748.jpg

お腹にのったり、もたれかかったりと全身で甘えてくる^^



blog2749.jpg

無防備な姿。
お腹をみせるのは、私たちを信頼している証拠。

blog2750.jpg



blog2751.jpg



blog2752.jpg

人と猫。
ぜんぜん違う種族なのに、たしかに感じる信頼と絆。

結ちゃんといると、オバサンの心はほかほかするよ^^


blog2753.jpg

天真爛漫で愛らしい結ちゃん。

いよいよ、来週末からトライアルです。










************************************************************************





京都で多頭飼育崩壊がありました。
猫たちの状態が悪く医療費の高騰が懸念されますので、ご協力をお願いいたします!

※詳細はバナーをクリックして、ご確認ください。







にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ 

banner-ame.gif
いつも応援をありがとうございます







今まで、白血病の子、片目の子と・・・肉体的にハンデを抱えた子を送り出してきました。

募集する時に、
ハンデがあることを前面にだして、「可哀想な子」に心を寄せる里親候補者を探そうと思ったんですが・・・
お問い合わせはあっても、話が前に進まないんですね。
可哀想な子を迎えようとする方は、「より可哀想な子」がいれば・・そちらに心を寄せてしまう。
だって「可哀想な片目の猫」を見てるんであって、結自身を見ているわけではないから。

あるボラさんにお話しすると、
「同情でなく、愛情で迎えてもらわないと」
と言われました。
なるほど、本当にそうです。

育ててる私自身、白血病キャリアでも片目でもそんなことを気にしながら育ててない。
医療ケアは必要ではあるけど、その子の本質をみて、ただ愛おしい・・。愛しくてたまらないと思う。
そう思ってくださる里親さんを探さないといけないんだなぁ・・・と、ようやく気付きました。

透の里親さんも、あかりの里親さんも本質を見てくださったのに・・・里親と定めたときに私はちゃんとハートで分かってたのに・・・頭では分かってなかったなぁ(^_^;)

結の里親さんも
ハンデは気にならなかった。可愛かったから」
そう、おっしゃってくれました^^
結自身を見てもらえて、本当に嬉しかったです

ワンちゃんと上手くいくか分からないけど・・・・願わくば、この優しいご家族の一員になれるといいな



子猫三毛里親募集トライアル片目ハンデ

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。