舟屋で有名な伊根町

先日、舟屋で有名な伊根町にいってきました~♪
なんどかTVで見たことがあり興味を持っていたけど、場所がよく分からず。
「せやねん」で放送されたのを見て、京都と分かり→近い→行こう♪となったワケw


海沿いに家屋がずらり☆

blog2445.jpg

家の前に海、船・・すごく不思議な光景。

blog2444.jpg



blog2446.jpg

もともとは船を入れる小屋だったけど、2階に居住するようになり今の形になったんだとか。

普通は波が荒く、こんなことは出来ないけど、
港の前に青島があることで波の勢いが分断されて天然の防波堤になり、また岸のまわりは浅瀬だけどすぐに深くなることで船を寄せることが出来る。
その特殊な地形により、この漁師町が出来上がったんだそうです。

ほほ~☆

300軒近く舟屋はあるけど、見学できるのは2軒のみ。
しかも予約制なんで、思い立って行った私らは見れなかった~(-_-;)


できれば、土日位は管理人をおいて見学させてほしいなぁ。
観光地としてはまだまだ発展途上で、地元の方のご厚意に頼りながら運営してるみたいです。


blog2447.jpg

観光コースでおススメされてた向井酒造さん。
女性の杜氏が珍しいのか?よくメディアに出てるそうです。
私は試飲できると聞いたので、行った~♪いっぱい飲んだ~♪^^

そして気に入ってしまったのが、一番高いお酒京の春。純米大吟醸。

1015.jpg

たかい・・たかすぎる・・。

お酒は好きだけど、嗜むくらいだし・・
自分用にこんな高いお酒ってどうよ?(ダンナは下戸)

でもね・・ホンマに美味しいの!飲むとふわっと軽くて甘め。私は日本酒のあの独特な後味が苦手なんやけどそれが一切なく、最後に色んな華やかな味が広がって・・
こんな美味しい日本酒飲んだことないなぁ・・
散々まよって・・・・買っちゃいました\(^o^)/

毎日、おちょこでちょびちょび飲んでます^^
ご飯を引き立てる酒なので、お酒もご飯も美味しい♪幸せ~


舟屋も、思いもかけず美味しい酒も手に入れたけど・・・


「海・・・海をもっと満喫したいぃっっ・・!!!」

舟屋は港なので、海に入れそうで入れないのだす。
なので、帰りに天橋立に寄ってもらいました^^

blog2448.jpg

松と海。

blog2449.jpg

まぁ・・・海辺に来ても、結局入れないんだけどね。
子供は無邪気でいいなぁ~。


海には入れなかったけどw お天気に恵まれて、とても良い日帰り旅になりました^^






最近は大分体調も良くなってきたし、
今年は出雲大社か高千穂に行きたいなぁ♪





■ポゼッション
  ★★★★☆

mov-posse.jpg

待ちに待った公開♪
いそいそと一人で見に行ってきました~♪

※ネタバレしまくりですので、見る予定のある方は読まないでくださいね!


謎の文字が刻まれた木箱。
箱が唄い・・周囲の人に次から次に不幸に見舞われてしまう・・。

スプラッタとかではなく、効果音や演出で怖がらせる正統派オカルト映画
怖くて怖くて、何度も目を覆ってしまった・・・というか、覆い過ぎて重要なシーンも見逃したかもしれん(-_-;)
悪魔に憑りつかれたエミリーが、観客を怖がらせるだけでなく、変わりゆく自身に怯える姿を好演してました。

王道でありながら、
やっぱりサム・ライミやわ~
悪魔が姿を見せるシーンが・・・萎える(-_-;)
それは老婆の邪霊というより、指輪物語に出てくるゴラムやんけー!!(いとしいしと・・)
そこいらん演出でしたね、ハイ。

あと見ててすご~く不思議だったのが・・
悪魔を封じ込める箱やのに、ぜんぜん力を封じ切れてないこと。
冒頭からお婆さんを滅多打ちにしちゃってるし、
ラストシーンでも神父をやっつけちゃったし・・。箱に封じる意味が・・あるのか??

そしてエミリーが嵌めてた悪魔の指輪の意味とは??

続編があれば解明されるのかもしれないけど・・・様々な異変があり?サム・ライミは続編制作をしぶっているという噂もあります。


まぁ・・全体的には久々に面白いオカルト映画だったので、私は満足♪♪
クロユリ団地より面白いんじゃないかなぁ~。


夏は「サイレントヒル」の続編が出るらしいので、
今からワクワク楽しみにしています♪






■ドラゴンタトゥーの女
  ★★★☆☆



40年前の調査を依頼されるサスペンス映画
現在でなく、昔の殺人事件を調べるという題材が面白いのと、あとヒロイン、リスベットのファンキーなキャラに興味を持ちました♪
羊たちの沈黙とか、こういう映画は好き。

サスペンスやリスベットのキャラは面白かったけど・・・
暴力的なシーンはちょっとしんどかったなぁ・・。
(実際にあぁいうことは、ありそうですもんね・・)

あと、事件が解決した後のリスベットの行動はかなり蛇足。
あそこまで長々描く必要はなかった。
逆にそこまでのことが出来るなら、なぜ最初に福祉局の人間の言いなりになったのかが疑問に思えてくる。
さらっと見せてくれた方が映画のバランスは良かったと思う。
その分☆1つ減らして、☆3つかな。



伊根町舟屋青島向井酒造映画

Comments 1

りつこ

素敵な旅の日記、楽しく拝見しました♪
TVで何度か観たことのある地域でしたが、旅の日記ははじめて拝見したので参考になります。
まるで和風海上コテージという感じ(笑)正直、大津波が来たらちょっと怖そうな地域ですが、海がすごく綺麗そう☆
旅するたびに思うのは、犬だと旅も一緒にできますが、猫の場合は無理なので、それがちょっと寂しいですね。もっとも、猫を散歩させたり、連れて歩いているのはたまに見かけますが(笑)小さい時から慣らさないと、基本的には無理かも。猫のストレスにもなりますしね。
でも連れて歩けたら、本当に楽しいだろうなぁ~☆

飼い主さんの幸せが、猫たちの幸せでもあると思います。
どうぞ、たくさん英気を養ってくださいね^^♪

2013-06-04 (Tue) 08:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply