スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつ自分も遭うかもしれない、里親詐欺


※バナー貼付活動にご協力をお願いします!
  詳細はバナーをクリック☆




基本的に人間は、自分を基準にして相手の気持ちを推し量ろうとします。
たとえば、は可愛い。
を嫌いな人がいるワケがない。
そこに自分の周囲に嫌いな人がいると、経験からを嫌いな人もいる、と上書きされるワケです。

なので里親募集をかける保護主の中には、「をもらってくれる人に悪い人はいない」と相手のことを確認しないまま渡してしまい、じつは虐待犯だったということがあります。

友達に話していても、里親詐欺虐待犯はニュースのごく一部の話でしかないと思っている方がほとんど。
でもね・・どちらも本当に身近にいるし、いつ自分が接触してもおかしくないのです。
私が住む地域にもそういう人間はいるし、隣接地域にもいます。
長くボラをしている方なら、皆さんご存知です。

里親募集するにあたり、私も本当にたくさんの資料を読みました。
里親詐欺の手口は驚くほど巧妙です。
家族ぐるみで猫を可愛がっていると装い、虐待目的で詐取したり・・
メールでの里親応募アンケートを見ても・・すぐには見抜くことができません。
中には、わざわざ家を借り(別家族の??)家族がいるように装う事例もありました。

川崎の猫虐待犯が記憶に新しいですが・・・被害に遭った猫は100匹を越えるとも言われています。
それほど多くのベテランの猫ボラでさえ、騙されていることは衝撃的です。
経緯を読んでいて思ったのが・・同じ猫の保護活動をしている人間が、猫を虐待するわけがないという思い込みがあったのではないかと思います。(実際には保護活動はしていません)
誓約書をとり、写真撮影に応じてまで・・猫を虐待する人間がいるワケがない、というのもあったでしょう。
いろんな意味で衝撃的な事件です。

チビ太の里親募集を再度かけるにいたらなかったのは・・
クロがチビ太を弟に欲しがったことが一番ですが、頭の片隅にこの事件のこともありました。
私は経験不足で素人であり・・とてもじゃないけど、このような犯人と対峙し、見抜く自信がなかったからです。

家を借りてまで里親詐欺をたくらんだ事件は、あるボラさんから直接伺ったことです。
里子譲渡にあたり室内や家庭環境の確認にいった時に、「違和感」を感じたので何度かその家の様子を確認し、実際に入居してないことを確認されたそうです。
友達には「まるで探偵みたい」と言われたけど、本当にそう・・家庭環境を確認し、相手が言っていることの真偽を確認して初めて・・安心して譲渡することが出来るのです。

譲渡される里親さんからしたら、本当に不快なことだと毎度申し訳なく思います。
ほとんどは里親募集サイトから可哀想な猫さんを迎えてあげたい・・
そんな優しい方ばかりなのに、確認せざるをえないことが正直私も辛いし、本当はしたくありません。

でも確認を怠り、もし里親詐欺犯に譲渡してしまったら・・
その猫はどうなりますか?

猫虐待犯の供述を聞くと、私たちでは想像もできないような残酷な目に遭います。
もし・・自分たちが渡さなければ・・野良猫でいた方がよほど幸せだったろうに・・どれほど悔いても、渡してしまえば取り返しはつかないんです。
保護した猫の命を守るのは、保護主しかいないんです。
なので確認せずに渡すくらいなら、極論かもしれませんが私は保護しない方がマシだと思います。
野に遭って自然淘汰される方が・・私が猫の立場ならその方がいいです。


譲渡にあたり、私は先達が作ってくれたマニュアルを基本に確認します。
里親募集アンケート
②自宅確認
③身分証確認
④誓約書

トライアル中は所有権が保護主の私にある誓約書を作成しています。
なにか里親に問題があれば、とりかえす権利が私にあります。
逆に里親は私から不正な請求を(金銭等)防ぐことができます。誓約書は譲渡者の権利ばかり主張しているように思われる方もおられますが、同時に譲受者の権利も守っているのです。

⑤仮譲渡後の状況確認
本譲渡後も定期的に確認をとります。

ネットを介して譲渡する場合は、里親候補の方の背景を全く知りません。
上記を確認すれば大体のことは分かりますし・・実際にご自宅までお伺いしても、アンケートに虚偽申告があったり、猫の脱走対策をしてくれない場合などは譲渡できないこともあります。

また、その時点で具体的な理由が分からなくても違和感や不安も感じた場合には、譲渡を保留にした方が良いと思います。
川崎の猫虐待犯などは、譲渡した後に猫ボラさんが不安を感じて連絡し、からくも猫の命を助けることが出来たわけですから。
私は経験が浅いので自分を信じれず、いつもベテランのボラさんに助言を求めて対応させていただきました。(個人情報は漏えいしていません)
自分で分からなくても、周りの人が気づいてくれることもあります。
確認しながら慎重にできれば良いかなと思います。

あと金融関係の仕事をしていたので職業柄、個人情報管理、契約書や身分証確認に慣れています。そういったことは意外に役に立ちましたね。

私は譲渡に関して確認する方ですから・・
うるさい保護主と最初から敬遠される方も多いと思います。でも里親詐欺がどれほど身近にあるか知っていただければ、私たちが警戒することもご理解いただけるのではないでしょうか。
里親詐欺の手口はあちこちで公開されていますが・・被害に遭った後では遅いんです。
それに公開されるころには、次の別の手口を使われていると思った方が良いです。

多くの方が全くの善意にて里親募集サイトを利用されていますが・・ごく一部にはそういった犯罪者がまぎれていることを、忘れてはならない。
いつ自分が、自分の保護猫が被害に遭うかもしれない、その危機感を常に持ち続けて行こうと思います。








にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ 

banner-ame.gif
1ポチ☆ご協力をお願いします♪




里親募集里親詐欺野良猫虐待子猫

Comments - 2

はなまま

何度も読み返しました勉強になりました。虐待哀しすぎます。事実うちの近所にも猫嫌いでゴキブリ同然扱いする人いてそんな自己中な奴には渡してはならぬ。自分が幸せでないの何の罪のない犬猫にあたるな(怒)です
そうですねピュアな可愛いいのち哀しいかな幸にするも不幸にするも人
私依然一人で保護活動されてる方のお手伝いをしていた時に。。
感じのよい声の女性の方からもらいたいと連絡あり。。カンでこの人は猫を家族として迎える気がないと直感したのでいろいろ質問聞き。。飼う気ないですよねと言ったら切られました。後で調べたら渡してはいけないリストにでていました。たぶん動物実験関係者?ではと(現在資生堂とかも動物実験廃止にうごいていますね)
その猫さん大人の人なれしているのらさんで片足辛い目にあったのか負傷して引きずっていいて結局60台の優しい老夫婦のところで幸せに暮らしています。
ねねさんがされていることは里親さんからしたらもしかして疑っているんですかーなんて誤解をうけかねないでも繋いだ命の幸せのため大切なことと思います。
うでの状態に気を付けてガンバです♡
凛君もいよいよですか(^-^)ウンちゃんデッチャちゃん透君同様素敵な里親さんに繋がるよう祈っていますね☆

2013-03-27 (Wed) 13:21 | EDIT | REPLY |   
nene">

nene

>はなままさんへ♪

この記事は、正直書こうか迷いました。
だって里親募集はじめて1年にも満たないひよっこが・・(-_-;)と思ったんですけど・・募集をはじめて周囲のお話を聞いてると
き・・危機感がなさすぎる・・。
餌やりさんの話を聞いても、ろくに相手の身元も確認せずに渡しちゃうし、里親詐欺という言葉自体を知らない方の方が多いです。
ひよっこが僭越ではありますが、「この世に里親詐欺がある」「自分もいつ騙されるか分からない」そのことに気付いていただく為だけに書きました。

相手のことを知らないので、いろいろお話を伺いますが・・
やっぱり最後は「カン」第6感なのかと思います。今まで生きてきた中で人と接して培ったものが、決定打になるのかなと。
はなままさんの「カン」で、野良さんがだまし取られることを防ぐことができて本当に良かったです!

逆に虐待犯にだまし取られた保護主さんの心情を思うと・・・・胸が張り裂けそうな・・辛い気持ちになります。

幸いご応募いただいた里親さんは候補の方ふくめて、本当に良い方ばかりでした。
保護主である私よりも余程熱心で・・心から猫さんのことを考えておられて・・自分が里親で応募するならここまで考えてしたかな、と思ったほどです。
今までは運が良かったのもありますが・・こういう機会が続けば(続かない予定だけどw)里親詐欺に接触することは必然でしょうね。
それを防ぐために・・里親さんに理解を求めていくこともとても重要なことだと思っています。
誤解されても・・もし罵倒されることがあっても「大切な命のため」

いつも応援ありがとうございます。
凛も良い方にご縁がつながるように・・時間をかけて探していこうと思います。

2013-03-27 (Wed) 22:20 | EDIT | neneさん">REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。