110度曲がった!!~骨折治療記

※「骨折治療記」は、身内向けの経過報告(いちいち説明するのが面倒くさい)と治療記録みたいなもんです。
興味ない方はスルーしてね♪




骨折して1ヶ月半たちました。
先日ようやく主治医からシーネ(副木)を外しても良い許可がでて、通常通りの生活に戻っています。
満員電車も乗れるし、左手でなんとか電話もとれるし、
鼻もかめるし、耳もほじれる!!(爆)
何気ないことを、左手で出来ることに感動する毎日です。

ただ、上司にようやく用意してもらったコールオペレータ用のヘッドセットを、わずか数日しか使用しなかったのには、なんか・・早く治ってゴメン的な気持ちでいっぱい(^_^;)


当初90度も曲がらなかった左腕。
このまま一生不自由するのかと、絶望しそうになりました。
先生のこまめな経過観察、指導と、装具によるリハビリで今では110~120度曲がります。
120度曲がれば大概のことは不自由しないので・・かなりホッとしました。
それも主治医や、また遅刻・通院を快く承諾してくれた会社のおかげと感謝しております

私の主治医は面白いことは言うけど、診察の詳細なこと、未確定な事や患者を不安にさせるようなことは全く口にしません。
私もあんまり聞かないし~www

診察も終わりが見えてきたので、副靭帯断裂のことを改めて聞いてみたところ、

副靭帯が切れてることで支障がないわけではないけど、手術しても靭帯を寄せるだけで治るわけではない。
それよりも手術により、腕のリハビリが遅れ可動しないことの方が問題だと判断したとのこと。
激しい運動もしないし、
「もう、オバサンだし~」
その一言が余計だ(=_=)

「ここの血も減って来てる」

・・・血がたまってたのは初耳ですが?


そして今まで大怪我で完全に戻る見込みがないような感じで言ってたのが、

「理論上は、元通りになる」

おいおい、180度話が違うぞ。
治療経過が順調なので、ようやく出た言葉みたい。
へんに期待もさせない方針なのね。
名古屋には、患者に夜中の3時にリハビリさせ、また日中タイムカードを使用してまでリハビリを強要する病院があるそうで。
それくらいやれば、かなり改善されると教えられたけど・・

普通の社会人はそんなことできまてん!(=_=)
過労で倒れるわ!

まぁ・・でも・・リハビリ次第で完治できるなら、ますます頑張らないと!!

里親探しも一旦落ち着いたし、今後はあかりちゃん達の家猫修行とリハビリに専念しまーす☆




肘脱臼骨折リハビリ装具義肢

Comments 0

Leave a reply