大リーグボール養成ギブスを作る(嘘)~骨折治療記

※「骨折治療記」は、身内向けの経過報告(いちいち説明するのが面倒くさい)と治療記録みたいなもんです。
興味ない方はスルーしてね♪



猫好きにはニャン・ニャン・ニャンの日
友達には結婚記念日
私には骨折1ヶ月記念日(=_=)



そう、下手うって大怪我をし、あれから1ヶ月経ちました。
まだたった1ヶ月やのに、思いのほか回復が早い。
毎日コツコツ朝昼晩とリハビリに励み、その甲斐あってか筋力も少しずつ戻ってきました。
ちょっと前まで、「お箸しか持ったことない・・」てくらいか弱かった左手。今は茶碗くらい持てます☆
実はパソコンも両手で打ってます。
すげーな自分。
もしかして私、思ったより若い?w

でも・・・

やっぱり関節は90度くらいしか曲がらない。

先生と相談し、装具を固定してリハビリをすることになりました。
分かりやすく言うと、巨人の星の大リーグボール養成ギブスみたいなもん。
一定の負荷をかけることで、可動範囲を広げるんですな。

装具を作ってもらうのは人生初☆
どんなことをされるんやろう~ドキドキ☆



サランラップと新聞紙で上半身を巻かれました(=_=)


まさかの事態。
何プレイかと思いきや、装具の型どりを石膏でするので、服が汚れないための配慮。
サランラップを頭以外に巻かれたのは人生で初めて・・・(しゃ・・写メを撮ってほしい・・)と思ったけど、技師さんが真剣にやってるので言い出せませんでした。

あと、驚いたのが装具の「色」を選べること。
考えてみれば装具って、世界でたった1つしかないセミオーダーメイド
色くらい選べて当然よね。
え~何にしよデザインは(当然)選べないので、せめて色くらい熟慮したい。
「若い女性は、淡いピンクが多いですよ」
じゃあ、それで!
これから春だし・・装具も淡いサーモンピンクで

ところで装具ってお高いのご存知ですか?

あとから保険請求できるんですが、一旦は自腹。約10万円。
・・・・まだダンナに言えてません・・・。


この大リーグボール養成ギブス・・もとい装具をつけることで、関節部を2~30度くらい修正できるらしい。
まぁ私の努力次第なんやけど。
一旦どん底に落ちた気がしたけど・・この装具のおかげで、また再度希望を持つことができました。
義肢を作る人たちって、患者に「希望」を与えることが出来るんですね^^
素敵なお仕事だな~って、改めて思いました。

来週、出来あがる装具。
試着するのが楽しみ



骨折義肢装具リハビリ

Comments 0

Leave a reply