2匹目の子猫を保護


※バナー貼付活動にご協力をお願いします!
  詳細はバナーをクリック☆




私が保護しようとしていたのは、母猫1匹+子猫6匹の現場。
とにかく繁殖をおさえたいと、母猫を避妊し、メスの子猫3匹の捕獲をしようと連日現場に通ってたわけやけど・・。
現場はとにかく人通りが多いため、不特定多数の餌やりさんがゴロゴロ(-_-;)
メインの餌やりさんに捕獲予定日は餌をやらないようにお願いしたものの・・・通りすがりの人までが餌をあげちゃうもんやから、ぜんぜん上手くいかない

しかも最悪なことに、みんな置き餌なもんやから・・十分にある餌を目当てに、よその餌場から猫が流れてくる様になってきた。


11/29に今度こそ、捕獲するぞー!!
と張り切って出かけたものの・・直前に餌やりがあり空振り
このヤロー!!
責任をとれないなら、餌をやるな

むなしく空手で帰ろうかと思っていたときに、大きな声で鳴く子猫が現れた。
まるまるとした子猫たちと対称的に、痩せて貧相なキジトラの子猫。
おそらく母猫と離れ、お腹をすかしてさまよってきたみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

この子は、おそらく外で生きていけないだろうな。
でも保護したら、もう現場の子猫たちの保護枠がなくなる・・。
3匹も保護できるのは仲が良い姉妹だからこそ。
相性も分からず出所も不明な子猫を入れるのはなぁ・・・さすがに4匹は無理やし・・・。

声が枯れるほど鳴く子猫。
お腹がすいたよ、お母さんどこ??

お腹がすいてどうしようもなかった子猫はあっけなく捕まった。
捕○器に入っても、一心不乱にご飯を食べる子猫。



・・・・・うちに帰ろう。









野良猫を保護するということは、ご存知のとおり、たくさんのリスクがあります。
どんな病気を持っているのか分からない。
うちの子と相性が悪いかもしれない。
里親さんを探しても見つからないかもしれない。

その時には、一生飼うことになるかもしれないと覚悟して保護します。

なので、我が家の保護枠以上の負担をかけることは、絶対に出来ません。
金銭的、空間的に余裕がない中で保護するということは、逆にすべての保護猫を不幸にすると思うからです。

中途半端に手を引くことで、私がこの1ヶ月弱取り組んだことは無駄になるかもしれないけど・・
残念ながら私1人が出来ることには限りがあります。
保護した猫たちや家庭を守ることが、私にとっては何よりも大切なことですから・・。

たくさん応援していただいてるのに、力及ばず申し訳ありません。


これからは保護した子猫の治療、そして里親募集を頑張りますので、よろしくお願いいたします。

















にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ 

banner-ame.gif
申し訳ないですが、コメントへのお返事はしばらくお休みさせていただきます。








野良猫避妊不妊TNR餌やりリリース

Comments 0

Leave a reply