優しく穏やかな「おかあさん」猫


※バナー貼付活動にご協力をお願いします!
  詳細はバナーをクリック☆




母猫も術後落ち着くまで、うちに置いていいよ~
と言ってもらえたので、
連れ帰ってきました。

開腹手術をした直後に、寒さが厳しく・・まして雨が降るといってる現場へ戻すのは、本当に本当に心配やったので良かった~。

blog1939.jpg

朝イチで組み立てたケージ。
いつもダンナさんがしてくれるので勝手が分からず、1時間もかかってしまった(-_-;)

blog1938.jpg

優しく穏やかな「おかあさん」
ケージを嫌がって大鳴きするかもーと覚悟してたんですけど、ホンマに大人しくて・・環境に馴染むのが早い。
入れられて30分もしないうちに、大あくびをして、ベッドにおさまってました^^

このベッドは歴代の保護猫に役立ってます。
特にルナにとっては、お母さんのような役割を果たしたベッドなんよね。


臆病なうちの子たちのことも心配でしたが、「おかあさん」が静かでほとんど鳴かないのですぐに落ち着きました。
チビ太が母猫を思い出すのか、ちょっと反応したくらいかな。
なぜかチビ太とルナが保護部屋に入りたがります(^_^;)

blog1940.jpg

「おかあさん」が思うのは、子猫のことだろうか・・。


子猫たちを守っていた母猫を引き離したことをとても心配してたんですけど、先生が「もー子離れさせた方がいい時期です」とあっさり。
あ、そーなの??

でも、やっぱり心配だし、今晩も捕獲がてら餌やりにいきますけどね。

「おかあさん」は、ニーナとよく似てるなぁ。
前髪パツンパツン☆ww

blog1937.jpg


母猫を捕獲して診察終了間際に突然持ち込み、無理に無理をお願いして手術していただきました。
リリース予定なので、埋没で縫合、化膿止めの注射も打っていただいております。
耳を一部カットしているので、どこかよそに流れて保護されたとしても、獣医がみれば「避妊手術」をしていると分かり、無駄に開腹されることもありません。

命を守る獣医にとって、(結果的には妊娠していませんでしたが)堕胎手術は本当に辛いものです。
泣きじゃくる私よりも、実際に行う先生の方が辛いと思います。
なのに「大丈夫、なんとかするから任せてくれ」と夜に予定外の手術をして下さり、本当に感謝しております。
ありがとうございました


実は以前ニーナとルナがかかっていた病院で、カルテを出すから名前を言ってと聞かれ、思わずハンドルのneneを名乗ってました(^_^;)
結構、慌ててたのね私・・・とほほ・・・。

綺麗に手術していただいたので、「おかあさん」は元気です。











にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ 

banner-ame.gif
    いつも応援ありがとうございます


野良猫避妊不妊TNR餌やり

Comments 2

hiro

子猫の里親が見つかること願ってます。
旦那様も優しいですね。neneさんの避妊手術で不幸な
連鎖が断たれたと思います。
何もお手伝いできなくてすいません。
子猫たちのと母猫の幸せを願ってます。
神様お願いします。

2012-11-15 (Thu) 16:10 | EDIT | REPLY |   

rinko

旦那様の協力が得られて本当に良かったですね!
neneさんの心配事が一つ減って良かった…^^
まだ若そうなお母さん…
早くに手術ができて本当に良かったね~!!
色々と悩み苦しんでおられるようですが
どうぞどうぞムリのない範囲で頑張ってくださいね!

2012-11-15 (Thu) 17:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply