011234567891011121314151617181920212223242526272803

category :【保護猫】ヌン&透

姉妹猫の里親さんコラボ♡


blog4141.jpg

蒼から碧。
不思議な色の眼をもつヌンちゃん。

その姉妹猫のあかりちゃん(左)

blog4145.jpg

模様は違うけど、顔の造作は似てるんじゃないかな。


ヌンの里親は染色家―玉村咏さん。45周年の個展にお招きいただいので、アヤコさんと一緒に見に行きました^^
実は里親さん同士が会うのは初めて。
作品を拝見するのに加えて、血のつながる姉妹猫を持つ里親さん同士、どんなお話になるのかな~とひそかに楽しみにしていました^^

玉村さんにアヤコさんを紹介したところ、開口一番
「あなたは猫を可愛がっていますか?」
ヌンを溺愛する里親さんらしいセリフ(笑)さすがです!(笑)
たぶん、私達が伺うまでは染物中心の話題だったはずが一転、猫の話に。
ヌンのお母さんです~と、お客様に紹介されました(^_^;) えぇ、私がヌンの母です(笑)となぜか挨拶してまわる私。

奥様もお茶目な方で、
「来られると分かっていたら、ヌンを連れてきたのに~」
いやいやいや(笑)

玉村さんの作品やプロフィールを拝見したら、もう雲の上のお人や~と思ってしまいますが、本当に気さくな方なんです^^ お人柄か会場にいらしたファンの方も優しく気さくな方ばかりでした。

緊張して写真を撮りそびれたので、作品は玉村さんのHPでご覧ください(^_^;)
染色って、布を容器にいれてザブザブ染めるのかと思っていたんですが・・・そうではなく緻密に計算した色を、一はけ一はけ重ねて出していくんですね~気の遠くなるような作業です。
着物にした時に、その色がどこにどう出るのか、どうすれば女性を美しく見せることが出来るのかまで、きちんと考えた上で作られているんです。すごい
玉村さんの染物は、グラデーションや発色が本当に美しいので是非是非ご覧になって下さい
個展に伺うのは2回目でしたが、前回よりも玉村さんのお着物が来た方が多くいらしていて眼福でした(*^_^*)個性的なデザインが多いんですが、実際に着られると不思議にしっくり馴染むんですね。



お会いしている間、恐縮するほど玉村さんは私に感謝を仰っていましたそれはもう、こちらこそが言うことなんですけど・・・・・ただ、それほどまでにヌンを愛おしんでくださることは、本当に本当に嬉しかったです。
アヤコさんも、あかりちゃんのことをこれ以上ないほど愛しんで下さるし。
ヌンちゃん、あかりちゃん、本当に良かったねぇ^^ 猫たちの幸せを実感することが、猫活動の一番のご褒美ですね
あぁでも本当にもうお気遣いなく~

blog4142.jpg

パパ大好きヌンちゃん



その後は、アヤコさんとティータイム♪
お洒落なカフェとかに行くのかな~と思いきや、しぶい純喫茶に連れていかれました(笑)
「私、純喫茶好きなんです」
い、意外!!
理由はコーヒーがおいしそうだからとのこと。実際、美味しかったです

女子が2人そろったら・・・お話に花が咲きますね、ハイ(笑)
楽しくて、思いのほか長居しちゃいました(^_^;)
あかりちゃんのノロケ話を聞くのが楽しい♪どんどんノロケて~

blog4144.jpg
ママに抱っこされるあかりちゃん


アヤコさんは最近デジ一眼レフを手に入れ、写真教室に行くそうです。
なんでも、あかりちゃんの動きがある写真を撮るためなんだとか。
猫バカだ、間違いなくこの人猫バカだわ

猫の動きは早くてスマホで撮るのは難しくて、どうしても寝てる写真になりがちですが、これからはもっと動きのある写真が増えるのかな~楽しみ♪♪









********* * * ********* * * ********* * * ********* * * *********

  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。













透ちゃんを偲んで


透ちゃんが旅立って2週間とちょっと・・。
一緒に暮らしていたわけではないので、なんだか実感が乏しいです。
里親さんちにいったら、ひょっこりベッドから現れるんじゃないか。そんな気もするんです。

先日、透の里親さんちに行ってきました。
発症してからは透ちゃんの負担になりたくないと、お家にあがるのは避けていたので・・・久々に会った透ちゃんは小さな骨壺におさまっていました。
小さいなぁ。

blog3552.jpg
▲透ちゃんお気に入りの蟹フレーク


blog3553.jpg
▲病院から



お供えのお花はお世話になった病院からのもの。
病院の先生や、気功の先生、酸素テントの業者さん、里親さんのご家族やお友達、私の周囲をふくめ多くの方が透の死を悼み、安らかにとご冥福を祈ってくださいました。
よかったね、透。
こんなにたくさんの方が祈って下さるなんて、果報者やね^^
姿は見えないけど今も里親さんの傍にいる透ちゃんに、この温かな気持ちはまっすぐに届いていることと思います。
白いお花は私から。
49日をおえたら、迷わずに天に昇ってほしい。そして時々里親さんのもとへ遊びに帰っておいでと、
御遺骨に手をあわせながら、透ちゃんに話しかけました。

blog3554.jpg
▲お花屋さんにお任せ。
  男の子なので、青色を入れてくれました。



伺ったのは、透ちゃんに会うためと、里親さんが心配だったので。
あれだけ透ちゃんを愛してくださったのなら、喪失感はかなり大きなものでしょう。
案の定、あまり眠れないようでしたが・・・・
「どんな時でも食欲はあるんです・・・」
と複雑そうに仰ってたので、ほっとしました(^_^;)
透ちゃんに殉じるなんて、あの子はそんなことを望んでませんから。しっかり食べて、少しずつ元気になってほしい。

ごはんを食べて、泣いて、笑って、また泣いて笑って・・・・そんなことを繰り返しながら、きっと透ちゃんを喪った穴をゆっくり塞いでいくんだと思います。
私はペットロスなんかにはなってほしくないんです。
後悔の涙に溺れてほしくない。
だって里親さんは精一杯できることをして下さったし、透もがんばって生き抜いたんだから^^ たくさんの素敵な思い出を、後悔で曇らせないでほしいと思うのです。

里親さんはご自身を責めておられましたが、
透のことは天寿だったと思います。
あの子はとても弱い子でしたし・・・長生きしてほしいと奇跡を願ったけど、かないませんでした。
でも短い時間でも、里親さんと過ごしたことはきっと大きな意味があったんだと思います。
里親さんが、
「人生の中で誰よりもどの子よりも一番愛した。恋人であり息子のようだった」
それを教えるために里親さんの元にやってきたのかな・・・そんなふうにも思えました。

しばらくは透の思い出に寄り添い、趣味で哀しみを紛らわせたりしながら・・・頑張るそうです。
里親さんはきっとこの辛さも乗り越えてくれると思います。
そしていつか・・・・
新たな子を迎えてほしいとお話しました。
ペットロスを避けるためだけではなく、これほどまでに透を愛しんでくださった優しい手を、また家族を求める子にさしのべてほしいと願うからです。
透はこれまでもこれからも里親さんにとって一番。
でもね、愛情って増えるから。次の子もきっといつか一番になるんですよ。一番がいっぱい^^

透と過ごした日々が一番幸せだった。

里親さんはまだお若いから、哀しみを乗り越えて、また愛にあふれた幸せな日々を過ごして欲しいと願っております。
透を愛してくださってありがとう
透はとても幸せでした^^
そしていつも、天に帰っても・・・里親さんを見守っていることと思います。


blog3555.jpg
▲透ちゃんお気に入りのクッション。
  いつも寄り添って眠ってたそうですよ^^
  伺った時にも置いてあって、ものすごい存在感でした(^_^;)








 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。







透、永眠しました。


H26.11.23 8:20
透ちゃんは天国に旅立ちました。




先週水曜日に透ちゃんの最後の診察に立ち会いました。
できる治療はもうなく、自宅でゆっくり過ごさせてやりたい。
里親さんの意向で、自宅療養に切り替えました。

呼吸が苦しくなっていたので、酸素テントをレンタル。夜に依頼して、翌朝すぐに設置してもらえたそうです。
それで透ちゃんは随分楽になったようで、テントの中と限られてはいるけど、穏やかに最後の数日を過ごしたようでした。

blog3528.jpg

すこしだけど、ご飯も口にしてくれて、
昨晩は大好きなカニ缶を食べたんだって^^

おしっこもしてて・・・・明日もきっと大丈夫。昨晩は1時過ぎまで酸素ルームの中で尻尾ふって元気そうに見えて・・・里親さんは安心して休んだそうです。
今朝起きて、「おはよう」と透に声をかけて・・・・そこからあっという間だったそうです。苦しんだのは本当にわずかで・・・そのまま旅立ちました。

それを聞いて、透らしいなぁと思いました。
ママが起きるのを待って、顔を見て・・・安心して逝けたんやね。

ママありがとう

ママ大好き!

blog3529.jpg

オバサンはその場にいられなかったけど、透の気持ちは分かってるよ。
良かったね、最後までママと一緒にいられて。
この1ヶ月は本当に頑張った透と里親さんへの神様の贈り物やった。

あまり辛い治療を受けさせることもなく、私たちが望んだとおり毎日ご機嫌さん♪で、いつにない豪華なごはんを食べて、ママと遊んで・・
きっと満足して旅立てたんだと思う。

blog3526.jpg
▲この1ヶ月。遊べるくらい、元気に過ごしていたんですよ^^


透が先天性の白血病ウイルスキャリアで・・・おそらく2~3年しか生きられないと分かった時に・・・
里親さんを探してよいものかと悩みました。
でもね、
どうしても・・・どうしても、透にも普通の猫と同じように家族を見つけてあげたかった。
うちで隔離するのではなく、のびのびと優しいママに甘えてほしいと思った。
そして長生きしてほしいと、奇跡が起こることを願いました。

長生きの夢はかなわなかったけど、他の夢は望んだ以上に里親さん達が叶えてくれた。
毎日いつもママと一緒。
たくさん甘えて、透ちゃんは誰といるよりも里親さんといて幸せだったと思う。

里親さんに辛い思いをしいたと謝る私に、里親さんは透ちゃんに出会えて良かったと・・・そう仰ってくださいました。

明日は1日透ちゃんと過ごし、明後日荼毘に伏すそうです。


最後に・・・・

こうして透に納得いく治療をすることが出来たのも、
多くの方の助言、励ましがあったからこそだと思います。
里親さんもいつも皆様のコメントを読んで、勇気づけられていたそうです^^
本当に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。


blog3527.jpg






 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。






透、2人のママに愛されて



先週、金曜日から透は体調を崩し、ご飯もほとんど食べれなくなりました。
腫瘍が大きくなり、胸水には血が混じりー
医療も気功もどうしようもないところに来てしまいました。

最期の診察になるかもしれないから。
そう里親さんに言われ、病院にいきました。
最期通告を聞きたくない。
でも透ちゃんに一目会いたい。

透のママは姉妹おふたりなんですが、実は初めて妹さんにお会いしました。時間があわなくて今まで何度もすれ違ってしまってたんで(^^;;
姉妹、仕草も声もソックリで、透が離れて住む妹さんにすぐ懐いたのも納得。
看護士の妹さんが診察内容をしっかり確認してくれて、里親さん(姉)と3人で先生の説明を聞きました。

透の命はもうあと数日しかないこと。
ステロイドも効果はなく、吐き気どめは効いても、
腫瘍が大きくなり気道を圧迫してること。
胸水が肺を圧迫し、呼吸しにくくしてること。
胸水を抜いたり、強制給餌をしたりと延命のために出来ることはまだあります。
里親さん達はひとつひとつ透にどれだけ負担がかかるのか、リスクがあるのかを確認し、
透が少しでも楽に過ごせるように、一生懸命悩み考えてくれました。
そして選択の中には安楽死も。。。。

安楽死はとても難しい選択です。
中にはどれほど猫が苦しんでも、側にいてほしいと延命する飼い主さんも多いでしょう。
それはもちろん間違いじゃないけど、私にはーあくまでも私の考えでは愛を通りこして「執着」だと思える。
人間の執着のために、動物の逝くべき時期を逃してはいけない。
苦しめたくないという思いの方が私は強いです。

だから透を譲渡するときに、ひどく苦しむときには安楽死も選択に入れてほしいとお願いしました。
延命のためだけの治療はしないでほしいと。

安楽死にもいくつか方法はあるそうですが、主治医は麻酔で深い眠りにおちたなか心臓を止めるそうです。
本当に。。。眠るように逝くんだと聞いて、改めてほっとしました。
安楽死は私には、苦痛から救う最後の手段なんです。

でもね、
透の目はキラキラしてて力があり、まだ今じゃないと思う。
まだ里親さんの側にいたい、ここにいたい、
全身でそう訴えてたわ。

診察中もずっと透を撫でる里親さん。
里親さんを見つめる透ちゃん。
お互いに愛し愛され、強い絆を改めて目の当たりにしました。

その姿をみて、今までで一番強く。。。透はこの里親さんの元で幸せなんだと思った。
本来ならとうに消えた命だったのにうちの義母に愛され、里親さんの元にいけて、
毎日が本当に奇跡のよう。
うちにいたら隔離され寂しく満たされない毎日やったやろうな。
透、よかったなぁ。
優しいママ達のもとで深く愛されて、本当によかったなぁ。。。

透の命は短いのかもしれないけど、精一杯最期まで生きて、2人のママの愛情を一身にうけ、これ以上ないくらい幸せなんだと思う。
そう思えたことで、透が遠からず旅立つことを。。。受け入れられそうな気がしました。

なるべく苦痛を味わわせたくないので、今日は胸水はせず。
酸素室を手配し、明日は里親さんとゆっくり過ごすそうです。
最期までママと一緒やね。
いっぱいいっぱい甘えるんやで(*^^*)




 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。















ペット気功


皆さま、「ペット気功」ってご存知ですか?
たぶん気功は多くの方がご存知だと思うんですけど、気功をペットにも出来るってことは知らない方がほとんどじゃないかと思います。
私も教えてもらうまで聞いたことがなかったし、もちろん透のことがなければ受けようと思うこともなかったと思います。

透のことで色々な情報を募るうちに、「ペット気功」を教えていただきました。
教えてくださった方は大病を患う愛猫のために、遠隔からペット気功を受けさせているそうです。
正直、気功だけでも半信半疑なのに・・・「遠隔??」ペットの写真や気功カードを頼りに施術を受けるなんて、そんなことが可能なの??
私はどちらかといえば、目に見えるものだけが全てではないと思っています。
科学が進んだといっても、人間が知っていることはごくわずか。
その私でも遠隔で気功て・・と、里親さんにどう伝えていいものかと躊躇いました。

でも伝える前に里親さんが先にそのコメントを読み、興味を示して
「neneさんは信じるんですか?」
教えてくださった方は本当に透のことを心配してのことだったので、十分に信頼できます。
友達に信頼できる霊感の強い子もいて、その子に聞いてみたら「気功は分からないけどレイキのパワーは体感したことがある」と言っていたので、
「私は目に見えないものも信じている」
透のために何でもしようと決めていた里親さんは、それもあってか気功を受けることに決めたようでした。
遠方だと遠隔気功に頼らざるを得ないのですが、気功院が近ければ直接施術を受けることが出来ます。やはり直接受けた方がパワーが強いそうで透を連れて行く予定だったのですが・・・
予定日頃から透の体調が急激に悪化し、キャンセルせざるを得ませんでした。

透が危篤に陥り、急きょ抗癌剤を打った後に副作用が出て苦しんでいた時。
気功の先生から里親さんにお電話があったそうです。
透のために遠隔気功をして下さったそうですが・・・・効果はなく。気功は里親さんがペットについていると効果が出やすい(といってたと思う)ので、時間を決めて気功をおくってもらったところ、本当にピタッ!と副作用から回復したそうです。
その後、驚くほど順調に透は回復したので、改めて里親さんは透を連れて気功を受けてきました。

気功院の体験談を読むと、
本来人見知りする猫が気功院では安心してくつろぐそうです。
ペット気功を教えてくださった方からも、ペットの闘病で疲弊した飼い主の精神面でも非常に良い効果があると聞いていました。

はたして気功をうけて帰ってきた里親さんのメールを見ると、
本当に打って変わって明るくパワーに満ちた内容になっていました。
里親さん自身、たぶんそこまでとは気づいていないのかもしれないけど、別人のようなメールだったんですよ!私はもし気功自体に効果がなかったとしても、里親さんの気持ちが良い方に向かうならそれで十分に行った甲斐はあると思いました。

気功効果かどうかいまだ半信半疑ながらも、主治医が驚くほど良い状態になった透をみて、
同じく大病に苦しむ里子を持つ保護主さんに、このことをお話しました。
保護主さんはさっそく里親さんに連絡し、このほど気功を受けてこられたそうです。
せっかくなので持病を持つ里親さんも一緒に気功を受けられたそうで・・・その効果は「絶大」だと仰っていました^^
私は透の気功には立ち会わなかったので、保護主さんが気功の様子を撮影した動画を拝見したんですが・・・・人見知りをする猫が驚くほど穏やかに施術を受けていました。
その様子を見て、里親さんの感想を伺って、また保護主さんが施術を受けた透の里親さんと同じように元気になったコメントを読んで、
「気功はきく」
そう思わざるをえません。
もちろん個体差や相性はあるでしょうし、症状にもよるんでしょうけど。

疑うことは大変失礼なのかもしれませんが、こういう私たちには感知できない事象に対しては必要なことだと思っています。法外な治療費を請求されたり、飼い主さんが不安になるようなことばかり先方が仰る場合は、「霊感商法詐欺」を疑った方が良いかもしれませんね。

透は今は遠方の移動が難しい状態とのことで、自宅で気功カードをあて治療を続けています。

blog3516.jpg

結局、気功ってナニ?て感じなんですが(^_^;)
遠隔の際に里親さんが傍にいるとよく効くそうなので、里親さんのパワーもかりてるのかしらん?とも思ったり。


blog3515.jpg

のび~~~~~♪


blog3514.jpg



blog3512.jpg

ママだけを見つめる瞳

抗癌剤治療が余程辛かったらしく、里親さんからも逃げ惑う日々が続いていたそうですが・・・やめてからは、また以前のように甘えてくれるそうです^^
どんな化学治療よりも、やっぱり一番きくのは「里親さんの愛情」だと私は思います。



blog3513.jpg

ちょっとむっつり☆な透ちゃん。
こんな表情もCUTE


1日でも長く、穏やかな日々が続きますように・・・・・・。








 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。










現在の透ちゃん~ママと幸せな毎日



現在の透ちゃん

blog3496.jpg

10/19に最後の抗癌剤を打って10日間が経ちました。
おかげ様で体調は安定しています。
私が病院で会ったときよりも、ずっと元気そう^^

いろいろサプリも試したのですが、フードに混ぜると食べなくなってしまったためサプリは中止しました。それよりも食欲を確保することが優先なので。

今はステロイドも2日に1度で良いそうです。

blog3497.jpg

左:最初に撮影したもの
   気管(気道?)が圧迫されて細くなっています。

右:最近撮影したもの
   鮮明に気管(気道?)が写っているのが分かります。



里親さんは仕事も忙しい中、毎日通院に介護、食餌にも気を遣いと本当に透を大切にしてくれます。
残された時間を一緒に過ごしたいと、予定も入れず透と一緒に穏やかな日々を過ごしているそうです。
こんなに愛されて・・・本当に幸せやね、透ちゃん
発症当時は里親さんはパニックになってどうしていいか分からないといった様子でしたが・・・・・この短期間で驚くほど変わられました。
里親さんを変えたのは、透へのゆるぎない愛情なんだなぁ・・。
お互いへの強い絆に、なんだか泣けてきます。透ちゃんがこの里親さんの元へ行くことは、きっと決まっていたんでしょうね。



blog3498.jpg

この穏やかで幸せな日々が、すこしでも長く続きますように。








 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。




抗ガン剤を打つか打たないかー辛い選択 2



抗ガン剤を打たなければ、また透の状態が悪化してしまう。里親さんはまるで自分が殺すようだと悩み苦しんでおられました。

どうしたら良いのかと主治医や妹さん、私に聞き、
どうすべきか、答えが出ない。
一度はお金は何とかするので、抗ガン剤を打とうとも決意されました。

正直、私も見ていて辛くて。。。
里親さんの代わりに決断してあげたいとも思いましたけどー
でもそれをすることは、かえって里親さんを苦しめることになるので踏みとどまりました。

抗ガン剤を打つとしたら、
長時間病院に拘束されることは避けられません。
臆病な透にとってそれは、ものすごく負担がかかります。
また抗ガン剤そのものも副作用がきつく、むしろガン自体より副作用の方が辛いとも聞きます。

逆に打たなければ、腫瘍は悪化し、また危篤に陥るかも。

先のことは誰にも分からない。でも治療方法を決めたら、透がどんな状態になっても怯まずに続けないと。
里親さんご自身が治療を選び覚悟をしなければ、やり遂げることが出来ません。どんな結果も受け止めることが出来ないのではないかと思うんです。

積極的治療か、
消極的治療かー。

里親さんに、「neneさんならどうする?」と問われました。


私ならー

私なら、お金があったとしても今の透に抗ガン剤治療はしません。

「なぜなら辛い治療に耐えられない可能性がある。
仮に耐えてもかなりの苦痛を感じる、副作用と戦いながら生きてもわずかな時間しか残らないからです。

我慢強く望んで抗ガン剤治療を選んだ大人ですら、副作用に耐えられず治療を放棄することも少なくありません。
それほど辛い治療です。

人間はともかく、は自分が置かれた状況がわかりません。
毎週入院し、ママから離されて治療をされる。
その後は抗ガン剤の副作用。
どんなに辛くても、飼い主が望む限り治療を放棄することが出来ないんです。

もしその治療で透の寿命が1年以上もつ、また完治する可能性があるなら・・・私は鬼にでもなって抗ガン剤治療を選択するかもしれません。
でも透は治療が上手くいって3ヶ月。
しかも白血病ウイルスキャリアで抗ガン剤が効く可能性は低い。
それならば、抗ガン剤で体力を奪わずになるべくストレスの少ない環境で過ごさせてやりたいと思うのです。

〈中略〉

基本的に私は過剰な医療が患畜のためと思っていないのです。
病院で働いていた時、
胃瘻やIVHで生きながらえても、ベッドに横たわるだけの姿を見て、
あれが生きてる、
幸せだとは思えないんです。

やはり生き物は、逝くべき時に逝かせてやりたい。
私はそう思います。」


私はただの医療事務でしたけど、病院の末席にいましたからー
過剰とも思える医療にはずっと疑問を感じてきました。
それでも本人やご家族が望むなら、治療自体が希望や支えになることもあるし否定はしません。
ただ過酷な延命を続けたことを、後悔する方も決して少なくはありません。

私は間違ってるかもしれないし、正しいのかもしれない。
でも唯一、
里親さんが誰よりも透のことを思って決めたなら、どんな答えでもそれが正解なんです。

あとね、
里親さんは治療を決めることで、透の命を背負うことを、
生殺与奪がご自身にあるように思い、恐れておられましたけどー私はそれは違うんじゃないかと思っています。

どんな治療を選択しても、どんな名医にかかったとしても、
先のことは分からない。
それはやはり命は人間の踏み込めない領域だから。
私たちは出来る範囲で、透が穏やかに暮らせるよう頑張るしかないんだと思います。



里親さんはギリギリまで迷っておられましたがー
抗ガン剤を使用しない治療を選択されました。

私はこれからも変わらず、透や里親さんに寄り添い支えていこうと思います。






 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。



抗ガン剤を打つか打たないかー辛い選択 1




実は昨日は透の通院にご一緒する予定でしたが、我が家がこんな状況なので行けませんでした(´・_・`)
免疫力の低い透に、風邪をうつすわけにもいかないしね。

一度、抗ガン剤は打たずステロイドメインの治療を希望していたものの、
透が危篤状態に陥ったため、抗ガン剤を打たざるを得ませんでした。

その後、吐き気はあったものの吐き気止めにて収まり、予想以上に経過が良かった透。

抗ガン剤治療はCOP療法といって、
C=シクロホスファミド、O=オンコビン(ビンクリスチン)、P=プレドニゾン(ステロイド剤)の3つを組み合わせてやるそうです。
先日ビンクリスチンをやったので、日曜日はC(シクロホスファミド)を投与しました。

3回目となる抗ガン剤投薬には私が難色を示したのですが、
看護師の妹さんいわく、透の状態が良いのでシクロホスファミドはやるべき。その後で抗ガン剤治療をするかしないかを決めたら良いと仰ったので、踏み切りました。
こういうときに、身内に知識がある方がおられるのは本当にありがたいものですね。

昨夜、里親さんがその結果経過を聞きに行きレントゲンを見たところ、
とても良い状態
だそうです!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

一度危篤状態に陥ってから、ここまで良くなるのは珍しいとのことでした。
奇跡
でもその奇跡は、里親さん達が自ら引き寄せたものです。

食欲がない透に食べさせようと、必死にいろんな食材を試し、サプリを与え、
ステロイドをガンとして飲まない透のために、仕事が終わってから毎日投薬のためだけの通院。
そして藁にもすがる思いで、ペット専門の気功も受けに行きました。

先生も多くの患畜を抱えながら本当に親身になって下さり、
毎日の投薬にも、快く協力して下さります。

そして多くの方の応援は、落ち込む里親さんの大きな励みになりました。本当にありがとうございます。


そして次に考えないといけないのは、
抗ガン剤治療を続けるか否や。

当初は経済的な理由もあり、抗ガン剤は出来ないと仰っていた里親さん。
でも目の前に抗ガン剤で回復した透ちゃんがいればー
続けようか迷いが出るのは当然です。


つづく




 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。










白血病ウイルスによる悪性リンパ腫



先の記事にあげたとおり、2回目の抗がん剤が効き透ちゃんの状態は持ち直しています。
発症してから、わずか1週間で急激に容態が悪化。
2回目の抗がん剤を打たなければ、命も危うい状態でした。

もともと私も里親さんも抗がん剤で闘病治療は希望しておらず、ステロイドで緩和ケア中心の治療を希望していました。
ただ医師も予想できないほど衰弱が早かったため、予定を変更せざるを得なかったのです。

投薬の経過を改めて記載すると

 ①10/5 ステロイド1㎎ 

 ②10/7 ステロイド2㎎(以降、内服で投薬)

 ③10/9 抗がん剤エルアスパラギナーゼ

 ④10/12 抗がん剤ビンクリスチン

抗がん剤は耐性ができるのを避けるために多剤併用で治療し、最終的に③を使用するのがスタンダードな治療だそうです。ただ透の場合は経過が非常に悪く、とにかく呼吸を確保するために③を使用したんですがー・・・・それも効かずに危篤に陥ったために④使用となりました。
これについてはきちんと医師より説明は受けています。

犬と違ってのリンパ腫は抗がん剤が効きやすく、まれに完治することもあるそうです。
透の主治医だけでなく、うちのがかかっている主治医にも相談した際にそう言われました。だからこそ透の主治医は抗がん剤での闘病治療を希望していたんだと思います。

ただしー・・・

それは白血病ウイルスキャリアではない場合。
キャリアとなると著しく抗がん剤の効きが悪くなるそうで・・・最終兵器?とも言われる③が効かなかったのも、そのためだろうと仰っていました。
効かない子は本当に効かないそうで・・・そうなると抗がん剤を打っても体力を奪うだけなので、自宅療養に切り替えた方が負担が少ないそうです。
癌は痛いものだと思っていたので・・・私は透に痛く苦しい思いをさせたくない。
苦しみが長引くのであれば安楽死すら考えていましたが(もちろん、治療方針を選択するのは里親さんです)
思いつめる私に先生は、

悪性リンパ腫はそんなに痛みはない。
呼吸は辛いけど・・・どの生き物もいつかは通らないといけないから・・・老衰のようなものだよ。
はありのままを受け入れるから。」

そんなふうにおっしゃって下さり・・・なんだか・・・肩の力が抜けてホッとしました・・。

うちの主治医にセカンドオピニオンを受けたこと、
そして聞いたことを里親さんにはそのままお伝えしました。






blog3475.jpg
▲発症前の透ちゃん。
  ママにブラッシングしてもらって、毛がふわふわ♪



里親さんも透に時間が出来たことで・・・
少しずつ・・透が遠からず旅立つことを・・・受け入れる準備ができ始めているように感じました。
2度に渡る抗がん剤を打ったことで、
無理な延命を強いるとは何事だと、里親さんはご両親に怒られてしまったそうなんですけど(^_^;) 私は④を打ったことで里親さんに心の準備が出来たことは、
透にとっても良かったと思っています。

里親さんは毎日、透のために奮闘中。
薬やサプリ、食べてくれるように魚を調理したり、水を飲ませようと口元にスポイドで運んだり・・・・本当に懸命に介護を頑張って下さっています。
透ちゃんには一目ぼれだったんです。こんなイイ子は他にいません。
心からそう仰って下さいます。

発症当初、里親さんは早期に病気を見つけてあげられなかったと何度も私や透ちゃんに謝り、悲嘆にくれていました。
でもね、私も透ちゃんもそんなこと全然思ってない。
たぶん、私が飼っていても病気は見つけてあげられなかったしね。
それよりも、今もこうして大切に愛しんでくださること・・・そのことが嬉しいし、里親さんには感謝しかありません。

「ごめんね」はいらないから。
それよりも透に「ありがとう」を言ってほしい。
そうお願いしました。
きっと透は「ママ大好き」「ママ、ありがとう」そう言ってると思うから^^


blog3474.jpg


透もママさんも先生も、すごーく頑張ってくれているし、
たくさんの方が応援してくださっているから・・・

どうか、の神様・・・穏やかな日々が1日でも長く続くように・・・・・。









 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。











透、2回目の抗ガン剤がようやく効いた!


急激に衰弱し命も危うかったため、日曜日に2回目の抗ガン剤を打ちました。

その後どうなったか心配していたんですがー
先ほど里親さんから連絡があり、回復してご飯も食べているとのこと!

カリカリも食べれるくらいに回復したそうで、すごく嬉しいです!
奇跡☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


もちろん完治ではなく、一時的な回復でしょうがー
それでも時間をもらえたことが嬉しい!!

たくさん応援して下さった皆様に早くお伝えしたくて、とりいそぎご報告(*^^*)
本当に皆様のアドバイスや温かな励ましが、どれほど私達の支えになっていることか。。。
心から感謝いたします。

詳細はまた改めて書きます。





 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ  にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ   
いつも応援ポチポチ☆ありがとうございます。







殺処分ゼロをめざす署名に、ご協力をお願いいたします。

















うちの保護っ子♪(大阪)



<里親決定>


■モコ

2016年10月生(推定)
キジトラ♀

冬の寒空の下、途方に暮れた様子で、12時間も同じ場所に留まっていました。予報では寒波が来る直前だったため小さなモコを見過ごすことができず、保護。

幸い保護当時から病気もなく、健康良好。人懐こく、先住猫とも仲良し♪直前まで他の猫といたらしく、猫づきあいも上手い子です。
保護してすぐに里親さんが決まり、元気いっぱい☆楽しく暮らしています。



<里親募集中>
hogo19.jpg

■ノア

2015年 秋頃生(推定)
MIX黒♀

人懐こく、近隣の猫トラブルの対象になる可能性が高かったため、保護。
いつもすりすり、ころんころん♪と甘えてくる様子がとても可愛らしです^^ 
エイズキャリアですが、発症せずに寿命を全うする子も多いです。ご理解ある方にお願いしたいと思います。

<里親決定>
hogo18.jpg

■ハッチ&チョビ

2014.4月生(推定)
MIX白黒♂

hogo16.jpg

□ハッチ

先住猫に甘えるのが上手w 
やんちゃで元気いっぱいの男の子です。おしりをナデナデされるのが好き^^

hogo17.jpg

□チョビ

ごはん大好き。いつも一番に駆けつけますw 賢い子でおしゃべり。
最初は警戒心がとても強いかもしれません。馴れたらナデナデ、すこしは抱っこもできます♪

1年半の保護期間を経て、2匹一緒に奈良の里親様のもとへ婿入りしました♪

<里親決定>
hogo13.jpg

■おでん

2013.9月生(推定)
MIXキジ白♂

雨の日に車の下で母猫を呼んでいるところを、ダンナが発見。
車の出入り激しい駐車場で、轢かれる危険があったので保護。

保護当時はまだ目も開いておらず、離乳前。生後1週間くらい。小さすぎて我が家では育てることが出来ないので、預かりさん宅で育ててもらっています。
→そのまま、預かりさんちの子になりました。



<里親決定>
hogo12.jpg

■心羽(ここは)(旧:結)

2013.5月生(推定)
MIX三毛猫♀

野良出身。
風邪で目がつぶれてしまい、ヨタヨタ歩いて大声で母猫を呼んでいるところに遭遇。 衰弱し命の危険があったため、やむなく保護。

性格は甘えんぼうで人見知りせず、天真爛漫♪
病院でも先生や看護師さんに甘えまくりですw
片目のハンデなんか気にさせないほど、元気で活発☆
先住ワンコがいるお家に、譲渡となりました。



<里親決定>
hogo9.jpg

■明(あかり)

2012.8月生(推定)
シャム系MIX♀
避妊手術済。

3ヶ月かけて、家猫修行完了。馴れてみれば、超がつくほど甘えん坊でいつもフミフミ、ころん♪ころん♪
ごはんそっちのけで甘えてきますw

緑内障のため、眼球摘出手術を受けました。 でもハンデをものともせず、元気いっぱい♪

臆病な子でしたが優しい里親さんに見守られ、今は幸せいっぱいに暮らしています^^



<行方不明>
hogo4.jpg

■ハル(旧:凛)

2012.8月生(推定)
MIX♂
杏の兄
だいぶ人馴れが進んだので、里親さんを募集することにしました。
去勢手術済。

見ての通り、正統派イケメン☆
杏と一番似てます。
凛とした顔をしてるので仮名にしましたが、実はかなりのマザコンで甘えん坊でした~(^_^;) 6ヶ月までオッパイをねだってたのは秘密ですw
瞳は珍しいペリドットグリーン。

2013年6月に里親さん宅から脱走してしまい、行方不明です。



<里親決定>
hogo9.jpg

■まい(旧:タビィ)

2013.3月生(推定)
アメショーMIX♀

捨てられて、助けを求めているところに通りがかり保護。
とても人懐こい子で、初対面で抱っこをせがんできた(^_^;)
甘えんぼうで人大好き♪ 爪もたてない良い子です。

預かりさんのご尽力により、無事里親さんが決定いたしました。




<里親決定>
hogo2.jpg

■透(とおる)

2012.6月生(推定)
キジトラ♂

性格が素直で穏やか。
超がつくほど甘えん坊で、可愛い子^^
翡翠のようなグリーンの瞳がとても綺麗です。

里親さん宅で幸せに暮らしていましたが、白血病を発症。悪性リンパ腫の闘病の末、2014.11.23に旅立ちました。



<里親決定>
hogo5.jpg

■Dicha~デイッチァ~(旧:花梨)

2011.4月生(推定)
MIX ♀

2歳くらい。
外で道行く人にご飯をもらい、懸命に子育てをしていました。
とても人懐こく可愛い子で餌やりさん達に可愛がられる一方、虐待の対象にもなりやすいので保護しました。
前髪パツパツ☆のキュート♥な模様が特徴的。

里親さんにつけてもらった名前はスペイン語で「幸せ」という意味。
名前のとおり幸せになりました♥



<里親決定>
hogo1.jpg

■ヌン(旧:杏)

2012.8月生(推定)
MIX♀

光の加減で蒼から碧へ瞳の色が変わる。 ふわふわの柔らかい毛が特徴的。
京都の里親さんに嫁ぎ、毎日甘えて幸せライフを満喫中♪



里親様募集中!!








預かり様も常時募集中です。
個人で活動されていますが、
常時たくさんの猫がいます。
あたたかなご支援、ご協力をお願いします。

mieneko_sbn.jpg
優しいパパとママを探しています。
離乳前の子猫も一生懸命育てておられます。

プロフィール

Author:nene


■ニーナ(別名:ニナゴン)

2009.4月生(推定) 
MIX三毛猫 ♀
半野良猫?だったところを保護。
ビエリやルナの面倒をみてくれる優しい子。
2010.7~下痢にて闘病していたが、2011.7にようやく完治。
虚弱体質。

ニーナとの出会いはコチラから

nina1376.jpg

■ルナ(別名:コブオ)

2010.5月生(推定)
MIX白茶猫 ♀
生粋の野良。母猫とはぐれたところを保護。
甘えんぼうで、抱っこ大好き猫♪
お姉さん猫のニーナが大好き!
クロはちょっと苦手~。

ルナとの出会いはコチラから



■クロ

2011.11月生(推定)
MIX黒猫 ♂
野良出身。
風邪で弱っていたため保護。
甘えん坊で、まだまだ遊びざかり☆
チビ太を可愛がっている。

クロとの出会いはコチラから

top-tibi.jpg

■チビ太

2012.5月生(推定)
MIXキジトラ ♂
半野良猫?炎天下ひとりでさ迷っているところを保護。
保護当時から「ぐーぐー」鳴くほど人懐こい。
猫付き合いも上手く、空気を読むのは猫ピカイチ☆

チビ太との出会いはコチラから

nina1377.jpg

■ビエリ(別名:ビーさん)

2003.10月生(推定)
ネザーランドドワーフ ♂
ペットショップで一目ぼれし、連れて帰る。 
2011.9.22 永眠。

top3.jpg

■カメ吉

2007.4月生(推定)
銭亀 ♀
意外と足が早く、脱走好きなカメ。
ダンナさんにいつも磨かれているので甲羅は
ピカピカ☆
冬は室内、夏はベランダで飼われている。

top4.jpg

■ヒロシ

2009生 推定
イシガメ ♂
カメ吉のお婿さんにとペットショップで
買われてきたけど、仲が悪い。
現在はカメ吉と別居中w
冬は室内、夏はベランダで飼われている。

■nene

日記を更新する人。
30代よたよた働く主婦。
基本、洋楽好きだが
最近は東方神起とSHINeeにハマっている。


■旧ブログ(2009.8.27以前)
http://blog.goo.ne.jp/nene-0704

最新記事

最新コメント

ランキング

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ


   ポチッ☆とヨロシクにゃ♪

迷子猫を探しています!


ハルくん ♂ 
大阪府吹田市岸部北から行方不明



きなこくん ♂ 
京都市左京区修学院から行方不明



たまちゃん(旧みけこ) ♀ 
兵庫県赤穂市大津から行方不明

動物SOS!!

バナーはホームレスキャット様で
作成していただきました。
どうぞ、お持ち帰りください。


■毛皮を買わないで■






あなたの猫のオモチャは
他の猫を殺した毛で
出来ているかもしれません。
それでも毛皮のオモチャを
買いますか?



アクセス

東北地方太平洋沖地震

福島被災猫シェルター  にゃんこはうす
 里親様、預かり様を募集中です。

東北地震犬猫レスキュー.com 

福島被災保護動物リスト集
 保護された動物たちの冊子を配布中です。

福島被災保護ペット検索
 上記のリストをもとに情報をデータベース化したものです。

msn.ペットサーチ
 被災したペットを探す
 飼い主になる

被災地動物情報のブログ
東北地方太平洋沖地震の迷子動物情報や支援先、獣医さんの情報を公開します。

■被災地関連の本
【送料無料】のこされた動物たち

【送料無料】のこされた動物たち
価格:1,365円(税込、送料別)

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ホリスティックフードとサプリのお店



フードやサプリの相談にも乗ってくれますよ

オリジナルジュエリー

じじもこもじもじのmegさんが、
オリジナルジュエリーのショップを開店♪

猫カフェ 和ん亭

三重県☆初の猫カフェ

新しい家族を待つ猫たちの「常設の里親会場」でもあります。
可愛い猫スタッフたちが皆様のお越しをお待ちしております。

リンク

ニーナ&ルナのお気に入り♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: